logo

高橋 留美子 mao。 MAO (漫画)

【画像】高橋留美子の新連載『MAO』wwwwwwwwwwwwww

人の体を乗っ取り生きる。 「MAO」はによる漫画作品。 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• 当時は長い黒髪を後ろで束ねており双眼だったが、大正時代では前髪は白髪に、後ろ髪にも白髪が混じった短髪となっている。 これからどうなってしまうのか謎だらけで楽しみです。 若い美男子の首ばかりを狙っていた。 あらすじ [ ] 女子中学生の 黄葉菜花は8年前、家族が陥没事故に巻き込まれ「死んだことがある」。

Next

高橋留美子新連載『MAO』が期待大な件!

総レス数 1072 232 KB. 摩緒と対峙し左目を負傷する。 江古田ちゃん作者も尊敬してたけど、無節操な反日っぽいから興味無くした。 大正時代 [ ] 貂子(てんこ) の妖。 その刀は昔、猫鬼と闘う際に摩緒が使った刀であり、その刀もまた、猫鬼に呪われてしまったため、猫鬼に呪われている摩緒と菜花以外の者は持つことさえできない。 その詳細が気になるマン。

Next

「MAO」31話(高橋留美子)菜花 vs. 式神【4巻】

週刊少年サンデー23号 週刊少年サンデー 23号 『MAO』のイラストが目印! 発売日:2019年5月8日(水)/特別定価:320円(税込) ファンの声 TwitterなどのSNSでも高橋留美子氏の新連載を喜ぶ声があふれていました。 京都で、御降家を名乗る集団がいることを知る。 気が強い反面、乙女なところがあり、何かと一緒に闘わせようとする摩緒に対して「守ってほしい。 木属性の陰陽師。 ファンサービスたっぷりでうれしい限りです。 「摩緒が猫鬼と手を組んだ」と誤解しており、「摩緒が紗那を殺した」と思っているため、摩緒に決別を言い放つ。

Next

【画像】高橋留美子の新連載『MAO』wwwwwwwwwwwwww

これでは、菜花はカマキリを倒せる強者であり、退治するの順番が菜花の方が先だったので順番守って見てた、なんか戦わずにカマキリ化物逃げる(?)ので仕方なく摩緒が退治し、なんで菜花は闘わないんだよって感じですね。 そしてかなり本格的なストーリーを予感させます。 菜花が古風な町で腕を切断され摩緒に治療されれば、手がうまくくっ付かず「解毒」(それは薬じゃんって名前)を飲ませることで腕をくっつけることに成功した模様。 摩緒の仕掛けた罠によって誘き出される。 御降家 [ ] 師匠(ししょう) 摩緒、百火、華紋の師匠。

Next

高橋留美子さんの最新作「MAO」ガチで売れそうwwwwwwwww

おもむろに陰陽五行の話を始める摩緒に警戒心丸出しの菜花。 net 本年度最優秀化学調味賞は ジャジャジャジャカジャジャカジャンっ………………… ナツメグです。 土属性であるため、水属性の陰陽術に強い。 壮大な物語を予感 黄葉菜花 主人公なのかヒロインなのか、あるいはどっちも含んでるのか定かではありませんが、黄葉菜花って少女の視点で1話は描かれております。 火属性の陰陽師の少年。 そんな中、謎の式神が一行を襲い… (前回までのあらすじ:「」より) 土は水を剋す 西の方からやって来たという式神たちと遭遇した摩緒たち。

Next

「MAO」34話(高橋留美子)猫鬼誕生の裏にいる者は?【4巻】

その際、関東大震災の予言を残していった。 大正時代では、泰山府君の秘術が目的で摩緒を探すため、亀と蛙の式神を使役し、人間を呪い、次々に蛙に変えていた。 また、持ち歩く鞄には、薬など様々なものが入っている。 百火によると、屋敷が焼け落ちた日、摩緒に殺されたらしいが、真偽は不明。 net そういえば次回は火曜日に読める。 『』連載終了から約1年5か月ぶりの作品である。

Next

高橋留美子の最新作『MAO(マオ)』週刊少年サンデーにて連載開始! TVCMも!

この昔の町の人々全体がこういう化物なのか、大正娘っぽい子だけが化物が中に入ってるのかは不明。 菜花が陥没事故に巻き込まれた8年前のその日、危篤だったが、幼い菜花を守り育てる者が必要だったため、猫鬼に寿命を操られ命を取り留める。 の壺を風呂敷に入れて持ち歩いている。 言葉遣いは丁寧で、礼儀正しく、気遣いも忘れない。 【内容情報】(出版社より) 摩緒と菜花、全ての鍵を握る猫鬼を捜せ! 中学三年の黄葉菜花(きばなのか)は かつて自身が事故に遭った地を通り、大正時代へと辿り着く。

Next

高橋留美子さんの新作「MAO・マオ」さっそく読みました。感想なのですが、ス...

まだまだ全然分からんことだらけだけど、菜花は本人無自覚でめちゃくちゃ秘密がありそう。 8年前の事故で心拍停止から奇跡的に助かったぐらいの認識なんでしょう。 『境界のRINNE』の連載が終了した後、新作をダークファンタジーにしたいと考え、担当編集者と話し合い、「呪い」をテーマにて生まれたのが本作である。 そこで意味深するぎ含みを存分に見せてくれている。 百火では属性的に分が悪いし、摩緒の攻撃では相手を傷つけてしまうおそれがある。

Next