logo

Google サーチ コンソール。 『Googleサーチコンソール』とは|初心者に解説【登録、設定、使い方】

『Googleサーチコンソール』とは?初心者が特に必要な機能の説明とWordPressへの設定方法

ページごとのデータを確認することで、• 電話番号とパスワードでもOKです。 0、下層ページはそれより小さい値が、サイトマップに自動で記載されます。 Googleアナリティクスではわからない 検索キーワードとそのクリック率や検索順位がわかるので、ページの改善などの指標に役立ちますね。 有効になっているページが記事数と一致しているかの確認• すると、以下のよう、選択したプロパティが表示されるようになり、連携してることが確認できます。 設定済みのGoogle Search Consoleを開き、左下にある[設定]をクリックします。 記事のインデックス促進 検索エンジンに表示されるスピードが早くなります• やらなくても問題が起こることではないんですけどね。 値の種類が多いディメンションは、高基数ディメンションと呼ばれ、こうしたディメンションを含むレポートは、アナリティクスのシステム上の制限に影響されることがあります。

Next

【3STEPで簡単】サーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携する方法|これで初心者卒業!

どの国からの検索が多いかを知りたい場合 「国」をクリックすると、どの国からの検索数が多いのかということが分かります。 作業概要 作業としては、Google Search Console、ドメインを管理しているドメイン業者(この記事ではさくらインターネット)の管理画面の2箇所での作業が必要になります。 話がすこし逸れてすいません。 サイトのなんらかのメカニズムによってインデックスに登録できない• 「検索クエリ」は、ユーザーが検索エンジンを使って検索窓に入力した語句(単語、フレーズ、複合語など)のことを意味します。 が、チェックを入れるだけで設定できるので、さくっと進めていきましょう。 上記画面で選択と入力が必要な項目は以下2つです。 Googleサーチコンソールにアクセスするとこのような画面になると思うので、 「 今すぐ開始」をクリックしましょう。

Next

『Googleサーチコンソール』とは?初心者が特に必要な機能の説明とWordPressへの設定方法

すると、以下のようにファイルが展開されます。 ページがどれくらい表示されたか 表示回数 の確認• xml」 先ほどダウンロードしたときのファイル名 を入力するということです。 Google Analyticsと関連付ける URLが変更になってしまった場合は、最初から登録し直す必要があるようです。 Search Console上で更に確認するために「編集」をクリックします。 (両者の違いは) 基本的にはサイト全体の計測をする 「ドメイン」で登録するといいでしょう。

Next

HTMLファイルによる所有権の確認

再審査リクエストが承認されれば、 手動ペナルティが解除され、検索順位やインデックス状況が改善されます。 投稿(個別記事)を含める• 代替ページ(適切な canonical タグあり) このページは Google が正規ページとして認識しているページと重複しているということです。 つまり、 サーチコンソールでわかる検索流入のキーワード(検索クエリ)とコンテンツ内容をすり合わせながら、Webページを最適化することが重要となります。 検索キーワード毎のデータを見たい場合はキーワードをクリックします。 0(優先度が高い)」に設定します。 簡単に言うと、「 検索結果からユーザーが訪問したキーワード」のことです。

Next

ムームードメインでGoogleサーチコンソールのドメインプロパティをDNSレコードで登録する方法

Googleアカウントのパスワードを入力して「次へ」をクリックします。 赤枠内のHTMLタグをコピーして、それをサイトのheadセクション内に貼り付けて 所有権の確認を行います。 カテゴリーページを含める• 検索パフォーマンスを使いこなすことで、効率よくサイトを分析して最適化していくことができますので、検索パフォーマンスはどんどん使っていくべきです。 2 サーチコンソールへの登録方法 XMLサイトマップのファイルを作成・ダウンロードしたら、いよいよGoogleサーチコンソールにサイトマップを登録しましょう。 サーチコンソール画面に戻りましょう。 で、こういうのが出てきますが 下にもう少し行っていただきHTMLタグをクリックすると下記のような感じで開きます。 具体的にはどういったことができるのかと言うと、• という表示がでれば登録は完了です。

Next

ムームードメインでGoogleサーチコンソールのドメインプロパティをDNSレコードで登録する方法

Google検索すると情報はあるのですが、今年UIが変わっており、同じやり方では解決できないのです。 これでGoogleサーチコンソールにログインができました。 入力後、「送信」を選択すればXMLサイトマップの登録は完了です。 この記事では、さくらインターネットで取得したドメインを前提としています。 エラー以外のなんらかの理由でインデックスに登録できない 特に対処しなくてよい項目 時間が立てば自然と消える(減っていく)項目です。 『+プロパティを追加』をクリックしてください。 可能性として、インデックス登録操作によって、Googleのクローラーは巡回してくれているが、インデックス登録されるまでは少し時間差があるのかもしれません。

Next