logo

平成 30。 中小企業庁:平成30年4月1日から事業承継税制が大きく変わります

平成30年分 年末調整のしかた|国税庁

第1節 給与に関する勧告と報告• 4 4. 3 11,546 2. 平成30年分民間給与実態統計調査結果について. 9 3. 0 ロ 給与総額 1年を通じて勤務した給与所得者に支払われた 給与総額は221兆5,281億円であり、前年に比べ 3. 我が国の食料の国内生産及び消費の動向を把握 するため、毎年公表しています。 第3節 職員団体のための職員の行為• 5 71万人 正規 3,288万人 正規 3,322万人 1. 平成の年間ベストセラー 「日本出版販売」調べ. 3 2,360 2. 第8章 国際協力• 5 1,875,455 1,699,764 72,473 3. 」 04月29日 昭和の日 「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。 9 % (前年度 20. 0 34万人 非正規 1,134万人 非正規 1,167万人 3. 0 情報通信業 6,224 4. 2 計 2,137,167 4. 95%となった(第2表)。 (男性の育児休業取得率等) 平成28年度における男性の育児休業取得率は,民間企業が3. 永江さんは、平成のベストセラーの特徴の1つとして、本そのものだけでなく、異なるメディアがきっかけとなってヒット作が頻繁に生まれるようになったと指摘し、その一例として、平成の幕開けに起きた吉本ばななさんのブレークは、当時、人気絶頂の小泉今日子さんがテレビ番組で作品を紹介したことが大きなきっかけだったことを挙げています。 75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を上回ったのは44都道府県となっており,前年の42都道府県から2県(埼玉県及び神奈川県)増加しています。 なお,前記執行停止の申立て1件については,平成30年度中に東京地方裁判所において却下決定が出され,その後,即時抗告されたところ,同年度中に東京高等裁判所において棄却決定が出され,確定した。

Next

統計局ホームページ/平成30年住宅・土地統計調査 調査の結果

第1章 職員の倫理意識のかん養及び倫理的な組織風土の構築• 5 製造業 5,195 2. 7 80,780 7. 9 83,549 3. 平成30年度においては,これらのうち,東京高等裁判所が,原告の請求を棄却する判決をしたものが9件 うち1件は上訴期間の経過をもって確定,8件は原告が上訴 あった。 4 1,721 0. 1 30 男 1,605,533 2. 6%減少。 平成30年10月10日 公表 3 拘束条件付取引 平成30年度においては,タクシー事業協同組合による拘束条件付取引事件について,独占禁止法に違反するおそれがある行為が認められたことから,警告を行った。 5 12. 第2編補足資料• 12ポイント)が最も拡大しています。 8 46. 1 5,397 0. 2 57,442 1. 1%の増加となった。

Next

平成30年度試行調査 問題、正解等|大学入試センター

0 208,888 5. 参考資料• 9 1,508 1. 4 複合サービス事業 4,370 0. 納税者 給与所得者のうち、源泉徴収された所得税額がある者をいう。 (男性の家事・育児の実施状況) 平成28年における6歳未満の子供を持つ夫の家事・育児関連に費やす時間(1日当たり)は83分であり,ほかの先進国と比較して低水準にとどまっている(I-3-8図)。 8 29 男 29,357 2. 6%で,上昇傾向にあるが,いずれも女性と比較すると,依然として低水準である。 37 24 45,556 38,375 84. 1 1,523,442 2. 9 女 609,747 5. 8 29 男 1,560,453 4. 第4節 育児休業等制度• 4 1,751 1. 0 30,556 1. イ 建設業者10社に在籍する東北農政局の元職員の行為 本件審査の過程において,建設業者10社に在籍する東北農政局の元職員が,前記アの行為を行っていた事実が認められ,このような行為は,独占禁止法の規定の違反につながるおそれがある行為であることから,農林水産省に対し,同省の職員が退職する場合には,退職前に,必要に応じて,同様の行為が再び行われることのないよう独占禁止法の遵守についての研修を実施することを申し入れた。 3 26 47,563 2. 第3節 ハラスメント対策• 人口推計(2018年(平成30年)10月1日現在)結果の要約 全国人口 総人口は26万3千人の減少 総人口,日本人人口ともに8年連続の減少• 令和元年8月6日 農林水産省 農林水産省は、平成30年度食料自給率及び食料自給力指標について、以下のとおり公表します。 注11 審判制度の廃止に伴い,平成27年度以降,独占禁止法違反に係る行政処分に対する取消請求訴訟は,直接東京地方裁判所に提起する制度となっている。 7 電気・ガス・ 熱供給・水道業 7,590 1. 6 33,217 1. (結果の概要 2〜3ページ) 外国人が6年連続の社会増加,増加幅は拡大• 6 1,974,043 1,845,833 85,124 4. 税額 給与所得者に支給される給与について、源泉徴収された所得税額 平成25年分から、復興特別所得税を含む。

Next

統計局ホームページ/平成30年住宅・土地統計調査 調査の結果

また,公正取引委員会は,IT・デジタル関連分野,農業分野,電力・ガス分野における,独占禁止法違反被疑行為に係る情報を広く受け付けるため,平成28年3月以降,順次専用の情報提供窓口を設置している。 また、正規・非正規についてみると、 正規3,322万人、 非正規1,167万人で、前年に比べ、 正規は1. 補足資料等総索引• 73 29 49,451 41,975 84. 1 計 4,322 2. 一方,人口増減率が前年に比べ拡大したのは31道府県で,うち和歌山県(対前年差0. 0 85千円 男性 532万円 男性 545万円 2. 7 1,482,785 2. なお、役員の賞与には、企業会計上の役員賞与のほか、税法上役員の賞与と認められるものも含まれている。 注14 審決取消請求訴訟の件数は,第一審裁判所において番号が付される事件の数である。 第3節 任用状況等• ・発電設備を有するごみ焼却施設数、ごみ焼却施設における総発電電力量ともに増加。 1%)増加した。 0 %) ・総資源化量 853 万トン(前年度 868 万トン )[ 1. 0 29 男 5,315 2. 93 22 1,943,722 1. 35 26 2,030,809 1. 0%) ・総発電能力 2,069 MW (前年度 2,089 MW) [ 1. 05月03日 憲法記念日 「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。 和暦 西暦 明治30年 1897 明治31年 1898 明治32年 1899 明治33年 1900 明治34年 1901 明治35年 1902 明治36年 1903 明治37年 1904 明治38年 1905 明治39年 1906 明治40年 1907 明治41年 1908 明治42年 1909 明治43年 1910 明治44年 1911 明治45年 1912 大正1年 1912 大正2年 1913 大正3年 1914 大正4年 1915 大正5年 1916 大正6年 1917 大正7年 1918 大正8年 1919 大正9年 1920 大正10年 1921 大正11年 1922 大正12年 1923 大正13年 1924 大正14年 1925 大正15年 1926 和暦 西暦 昭和1年 1926 昭和2年 1927 昭和3年 1928 昭和4年 1929 昭和5年 1930 昭和6年 1931 昭和7年 1932 昭和8年 1933 昭和9年 1934 昭和10年 1935 昭和11年 1936 昭和12年 1937 昭和13年 1938 昭和14年 1939 昭和15年 1940 昭和16年 1941 昭和17年 1942 昭和18年 1943 昭和19年 1944 昭和20年 1945 昭和21年 1946 昭和22年 1947 昭和23年 1948 昭和24年 1949 昭和25年 1950 昭和26年 1951 昭和27年 1952 昭和28年 1953 昭和29年 1954 昭和30年 1955 昭和31年 1956 和暦 西暦 昭和32年 1957 昭和33年 1958 昭和34年 1959 昭和35年 1960 昭和36年 1961 昭和37年 1962 昭和38年 1963 昭和39年 1964 昭和40年 1965 昭和41年 1966 昭和42年 1967 昭和43年 1968 昭和44年 1969 昭和45年 1970 昭和46年 1971 昭和47年 1972 昭和48年 1973 昭和49年 1974 昭和50年 1975 昭和51年 1976 昭和52年 1977 昭和53年 1978 昭和54年 1979 昭和55年 1980 昭和56年 1981 昭和57年 1982 昭和58年 1983 昭和59年 1984 昭和60年 1985 昭和61年 1986 昭和62年 1987 昭和63年 1988 和暦 西暦 昭和64年 1989 平成1年 1989 平成2年 1990 平成3年 1991 平成4年 1992 平成5年 1993 平成6年 1994 平成7年 1995 平成8年 1996 平成9年 1997 平成10年 1998 平成11年 1999 平成12年 2000 平成13年 2001 平成14年 2002 平成15年 2003 平成16年 2004 平成17年 2005 平成18年 2006 平成19年 2007 平成20年 2008 平成21年 2009 平成22年 2010 平成23年 2011 平成24年 2012 平成25年 2013 平成26年 2014 平成27年 2015 平成28年 2016 平成29年 2017 平成30年 2018 平成31年 2019. 2 1,858,508 1,721,294 72,977 3. 9 計 2,052,992 1. 1年未満勤続者 「1年を通じて勤務した給与所得者」以外で、12月31日現在在職している者をいう。

Next

(令和元年6月5日)平成30年度における独占禁止法違反事件の処理状況について:公正取引委員会

1 45. 2 24 3,502 0. 04 4. 22%)など6県で,人口減少率が1%を超えています。 イ 受注調整 平成30年度においては,民間の事業者が発注する物品等の調達における受注調整事件について,3件の法的措置を採った。 7 3,505 0. 8 7兆5,104億円 3 一人当たり 平均給与 432万円 441万円 2. 7 44. 住宅及び世帯に関する基本集計等の確定数は、住宅数概数集計の数値とは必ずしも一致しません。 0 23 45,657 0. 」 01月08日 成人の日 1月第2月曜日、「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。 8 年) 4.廃棄物処理事業経費の状況 注1) ・ごみ処理事業経費 20,910 億円 (前年度 19,745 億円) うち 建設改良費 4,238 億円 (前年度 3,597 億円) 処理・維持管理費 15,331 億円 (前年度 15,038 億円) 注1 平成23年度以降は、国庫補助金交付要綱の適用を受けた災害廃棄物処理に係る経費を除くが、平成22年度では当該経費が含まれる。 1 3,860 2. ・最終処分量は前年比0. 4 2,294 0. 1 % (前年度 1. 大阪国税局• 1 4. 6%)増加した。 。

Next

財産評価基準書|国税庁

第1章 苦情相談の現状• 9 2,137,167 1,993,510 97,384 4. 【省令】(平成30年11月29日公布) 【基本方針(告示)】(平成30年11月30日公布)• 6 31,822 1. 0 5,475 1. リサイクル率も減少。 名古屋国税局• 0%の増加、 非正規は3. 3 10,098 2. 長期統計等資料• 7 29 3,533 0. 何がめでたい』。 4 1,867,459 1,729,218 75,529 4. 6 184,972 6. 0 12. また、書籍の売り上げがマイナス成長を続ける一方で、刊行される本のタイトル数は増加を続けるなか、「昭和と同じような本の作り方をしていたら、到底、本を読者に届けることができず、平成の編集者は、本を印象づけて1日でも長く店頭に置いてもらうことに非常に気を配るようになった」と、装丁からタイトルの付け方に至るまで、さまざまな工夫が行われてきたと指摘します。 」 11月23日 勤労感謝の日 「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。 (共働き世帯の増加) 昭和55年以降,夫婦共に雇用者の共働き世帯は年々増加し,平成9年以降は共働き世帯数が男性雇用者と無業の妻から成る世帯数を上回っている(I-3-4図)。 0 11,672 3. 「民間給与実態統計」は、民間の事業所における年間の給与の実態を、給与階級別、事業所規模別、企業規模別等に明らかにし、併せて、租税収入の見積り、租税負担の検討及び税務行政運営等の基本資料とすることを目的としている。 平成30年度 食料・農業・農村白書(令和元年5月28日公表)• 0 33万人 2 給与総額 213兆7,167億円 221兆5,281億円 3. 9 金融業・保険業 6,313 2. 38 27 2,047,809 0. 2 30 3,536 0. 1 計 2,215,281 3. 注8 Mobile Network Operator(電気通信役務としての移動体通信サービスを提供する電気通信事業者であって,当該移動体通信サービスに係る無線局を自ら開設又は運用しているもの)の略。

Next

統計局ホームページ/平成30年住宅・土地統計調査 調査の結果

また、その 税額は10兆5,558億円で、納税者の給与総額に占める 税額の割合は5. 16%,国家公務員が8. 平成30年度における独占禁止法違反事件の処理状況は,次のとおりである。 72%と最も高く,次いで沖縄県が0. 1 8,132 3. 0 ホ 納税者数及び税額 1年を通じて勤務した給与所得者5,026万人のうち、 源泉徴収により所得税を納税している者(以下「納税者」という。 ベストセラー その裏にさまざまな工夫 出版業界に詳しいライターの永江朗さんは、平成の30年間には書籍の売り上げがマイナス成長を続けるなか、異なるメディアやインターネットの活用、タイトルの付け方など、さまざまな工夫によってベストセラーが生まれてきたと指摘します。 2 80,398 1. 7 415,694 6. ア 違反の疑いのある行為が認められた3件について,関係事業者に対し,事前説明を行った上で警告・公表を行った 優越的地位の濫用:2件,拘束条件付取引:1件。 概要 主な改正事項は下記のパンフレットをご覧ください。 2 10. 70 28 48,691 41,122 84. 4 1,445,322 2. 1 30 男 5,450 2. 0 98千円 非正規 175万円 非正規 179万円 2. 6 10,902 4. 3 調査の対象 この調査は、平成30年12月31日現在の源泉徴収義務者(民間の事業所に限る)に勤務している給与所得者(所得税の納税の有無を問わない。 4 11. 2 46. 宮城県北部土木事務所栗原地域事務所発注の建設関連業務の入札参加業者が,受注予定者を決定し,受注予定者が受注できるようにしていた。

Next

平成30年分 年末調整のしかた|国税庁

7 376,992 4. 第2部 風通しのよい職場環境づくりに向けて〜職員の声から見える公務職場の実情を踏まえて〜• 今治タクシー事業協同組合が,組合の定款に規定する「組合員間の共通乗車券(チケット)の発行並びに集金業務」の事業を行うに当たり,組合員が行うタクシー事業に関して, 1 遅くとも平成27年4月以降,運賃の額を割り引く行為及び乗車する客から組合員に電話で配車を依頼する際の通話料を負担する行為をさせないようにしている。 第1節 苦情相談の現状• 6 125,338 6. 15歳未満人口の割合が最も高いのは,沖縄県(17. 9 1,549,335 1. 3 4,849 1. 」 02月12日 振替休日 「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。 環境省は令和2年3月30日に、平成30年度における全国の一般廃棄物(ごみ及びし尿)の排出及び処理状況等の調査結果を取りまとめました。 8 89,898 1. 注13 審判事件数は,行政処分に対する審判請求ごとに付される事件番号の数である。 平成29年の1位は、佐藤愛子さんの『九十歳。 9%である。

Next