logo

2020 年 十五夜。 2020年の「十三夜」はいつ?十三夜のお月見の由来やお供えの飾り方は?

2020年の十五夜はいつ?満月ではないワケと十三夜との違いは?

2020年を含めて、今後の3年間について調べてみました。 十五夜2020で月を見る意味 十五夜はもともと奈良~平安時代に月を見る行事(月見)があり、貴族たちが俳句を詠んだり、楽器を演奏したりと華やかに行われていたそうです。 十五夜のお月見のお供え物は実際には食べても良いとされ、昔の人もみんなで分け合って食べたそうです。 そして十五夜のお月様を『中秋の名月』と呼んで、大切にされていました。 スポンサーリンク 十五夜の「うさぎの餅つき」 十五夜といえば、 「月に映る影がうさぎの餅つきに見える」という話があります。 昔、お腹をすかせた神さまの前に「ウサギ」と「キツネ」と「サル」がいました。

Next

2020年の「十五夜」はいつ?由来やお供えするものは? | ガジェット通信 GetNews

依り代とは、神様が依り憑くものを表しています。 すすきを飾る意味としては、すすきには 神様が宿る稲穂という意味があるからとされています。 ただそのためには新暦と旧暦の違いについて知る必要があります。 三日月(三日目頃) 馴染みのある方も多い月の名称ですよね。 現在の暦では9月15日ということになり、この日の月を中秋の名月、十五夜と呼びます。 そしてまた2020年以降もかなりバラバラなんですね。

Next

十五夜の2020年はいつ?別名「芋の名物」とも言われる理由は?

2020年の十五夜はいつ? 旧暦の日付は新暦に直すと毎年ずれが生じる為、十五夜の日付は毎年違います。 満ち欠けする月の様子から、農作物の収穫、ものごとの結実、祖先とのつながりを連想し、それぞれに感謝し祈るようになりました。 月はおよそ15日周期で新月から満月に、そして満月から新月になるため、新月から15日目に当たる夜、つまり十五夜は満月と考えられていました。 十五夜の意味や由来 十五夜とは、そもそもは新月から15日目の月のことを指す言葉です。 関連記事: まとめ 十五夜は満月という意味の言葉で、毎月一度は訪れますが、一年を通じて秋の十五夜が最も月が綺麗に見えることから、やがてそれを『中秋の名月』と呼んでお月見をする風習が生まれました。 つまり、通常は12個、うるう年は13個となります。 だからこのズレを修正するために、閏年ならぬ「閏月(うるうづき)」というのがあって、1年が13ヶ月になった年もあったのですね。

Next

2020年の十五夜はいつ?|お供え物の意味、中秋の名月との違いは?

この他に埼玉県の一部地域では、お供え物を貰いながら近所を練り歩く『十五夜ください』と呼ばれる風習が残っているところもあるようです。 今年は中秋の名月を存分に楽しめるといいですね!. 平安時代からお月見が始まったとされていますが、江戸時代に入って月は作物が月の満ち欠けと一緒に成長していくことから縁起がいいものとされておりました。 旧暦の10月10日は稲の刈り取りが終わり、田の神様が山に帰る日とされています。 それが江戸時代になると、この行事が庶民にも広く知られるようになり、ちょうど秋の収穫時期と重なることから、お月見団子や旬の野菜、果物をお供えする今の風習へと変わっていったと言われています。 6日とかなり差があります。

Next

2020年の十五夜・中秋の名月はいつ?ピークの時間や方角も調査!

飾り物は「ススキ」、お供え物は「お月見団子」、「農作物」を用意しますよ。 十五夜にすることとは? ススキやお月見団子などの習わし c Shutterstock. スポンサーリンク 十五夜2020年はいつ? 旧暦の8月15日を「十五夜」といいます。 スポンサードリンク 十五夜と満月がずれる理由とは 十五夜とは、満月の夜のことを表し、旧暦の15日のことを言います。 まずは窓際に月見団子やすすきを乗せる小さい台を用意して、縁側、窓辺、ベランダに置いてみましょう。 地方によっては、昔ながらの様々な十五夜の行事が残っています。

Next

2020年の十五夜はいつ?お月見の風習やおそなえ、歴史について紹介します

2020年• そして、旧暦を新暦に変換するのは少々手間がかかります。 十五夜とは、新月(1日)から数えて15日目の月という意味になります。 2020年以降の日付とともに、 満月にならないわけや「十三夜」との違いについて、「日付」を中心にした記事としてまとめましたので、ぜひ最後までご覧ください。 2025年• ススキ 「稲穂の代わり」と「魔除け」のため。 2020年の十日夜は11月24日(火)です。 ではどうして、そもそもうさぎは月に住むことになったのか御存じでしょうか。

Next

【2020年】十五夜(お月見)はいつ?旧暦では何月…?

com 「十五夜」と似た行事である「十三夜」(じゅうさんや)や「十日夜」(とおかんや)というお月見をご存じでしょうか? 「十三夜」は旧暦の9月13日のお月見のことです。 それだけ日本人の心に定着しているのが十五夜です。 お月見をする旧暦8月15日の「十五夜」と「中秋の名月」は同じです。 本来は実りを象徴する稲穂をお供えしたいのですが、稲刈り前なので、稲穂に似たススキを用いるようになったと言われています。 「行事育」提唱者。 だったら満月はいつなのか知りたいですよね。 2024年• その後お供えなどの風習は、月の満ち欠けなどを見て農耕を行っていた農民たちによって収穫への感謝と豊作を祈るお祭りとして広まり、今のお月見の形が作られたのです。

Next

十五夜とは?2020年はいつ?【中秋の名月との違いは何か】

2020年の十五夜と十三夜と十日夜はいつ? この記事では、2020年の十五夜と十三夜と十日夜はいつなのかなどについて、ご紹介をしていきます。 団子の数は15個。 和歌の題材 月は、多くの和歌の題材にもなっています。 2022年 9月10日(土) このように旧暦と現在の暦では大きな違いがあります。 TOP画像/ c Shutterstock. 2022年の十五夜は、9月10日 満月は、9月10日 これは月の満月になる周期に14日〜16日と振れ幅があるためです。 これは、現在のカレンダーの9月中旬ごろ。 ちなみに2020年の満月の日は10月2日になります。

Next