logo

2020 コロナ 予言。 【2020年】聖徳太子がコロナウイルスを予言【都市伝説・クハンダ】

レイ・ダリオがコロナ後の世界を予言「復興は3年以上先」

2020年に東京オリンピックが無事開催されることを願いつつ、岡山県が首都に負けないくらいの発展を遂げていることを夢見るくらいは、ロマンティックな話ではないだろうか。 画像は「」より引用 ン・ディクソン(1904年~1997年)は、 、などともに「世界三大予言者」の一人とされ、「カ予言の女王」あるいは「女」と呼ばれている。 この「クハンダ来襲の予言」について、筆者はこれまで何度も言及してきた。 著書(End Of Days の中で予言している部分です。 そういう、故人となった祖父みたいな人間での方が良い! のでね。

Next

占いでコロナはいつ終わる?コロナウイルスの予言をしていた有名占い師は?

プロ野球も、サッカーも、相撲も、コンサートさえも中止になってしまっています。 能力者?等は、大変なのでね。 ちょっと郊外に住んでいる人であれば、(毎日の通勤の必要がなくなり)一番健康的な暮らしになっているだけ。 いったい何に許しを乞えばいいのかわかりませんが、必ずや終息する日がやってきます。 また、どの方も2020年は大きな地震が発生するのではと予言しています。

Next

コロナ収束見込みはいつ?スピリチュアルな予言も|スピリチュアルたまてばこ☆

その赤子は豪華な身なりの国王夫妻とは対象的にボロをまといみすぼらしい様子であった。 クレイグ・ハミルトン・パーカーの予言 ・2020年の冬は大変に厳しいものになる。 26日午後5時点で4690件のリツイート、7560件の「いいね」があった。 だが、その大統領は任期を全うすることなく執務室で暗殺されるだろう」 ンが予言したとおり、青い目の大統領は、ダラスをオープンカーでパレード中に射殺されてしまった。 』(2004年)、『チャイナ発世界大恐慌』 2008年 、『2012年中国崩壊2014年日本沈没』(2011年)などの予測本がいくつもある。 彼は掲示板を通していろんな現代人と交流を深め、専門的な知識を必要とするようなタイムトラベル理論や、未来に起きる出来事などの予言を残し、2001年に未来へと帰っていった。 ちなみに松原照子さんは東京オリンピックについても言及されていますが、東京オリンピックの開催を信じたい思いでいっぱいですという記載ですから開催を予言はしていませんね・・・・。

Next

【コロナ予言】『2020年頃、思い肺炎が世界中に拡散する』お告げが聞こえる霊媒師が2008年に新型肺炎を予言?

この男の子の成長はキリストのそれと酷似しており、人々はやがて彼を「救世主」としてあがめる。 オカルト研究家の山口敏太郎氏は「ババは亡くなって20年以上たってもブルガリア国民から絶大な人気を誇っています。 世界最大のヘッジファンドの創設者である彼は、世界経済がパンデミックから立ち直るために、各国は蓄えた資金に手をつける必要に迫られると警告した。 5つのステップですが、「許す」ことや過去にリンクするのを手放す、というのができたら本当にいいですね。 その時に地図を一緒に見せたのですが、その地図が、コロナ予想ともとれる構図となっています。 ウイルスの都合の方に合わせれば、何も怖くない。

Next

2020年に大地震が!?東京オリンピックが中止になるかもしれない不吉な予言を紹介!!

ちなみにジョン・タイターの予言によると、2015年に第三次世界大戦が起こり、30億人の人類が死ぬという。 「人口が減るのに増え続けるアパート建築」「日銀が作り出す実態をともなわない『官製バブル』」などの国内状況はしばしば指摘されてきた。 180億ドルの資産を保有し、世界で46番目の富豪であるダリオは、マスクや人工呼吸器が中国で生産されていることが、米国の弱さを象徴していると述べた。 すべてが静まり空港も再びオープンする」 アラビア人の医者がその死病のために率先して救済策を見つけ出し、り患した人たちがその治療を受けて治るだろうと言っています。 その男は、ゆるやかなウェーブのかかった黒髪を持った中背の人物なのだという。 そんな時にハルマゲドンは起こってほしくないものだ。

Next

インドの少年の予言とは?コロナ後の2020年これからどうなる|Susanの部屋

マヤ暦的には第5の世界が終わり、第6の世界が巡ってきたことになる。 いったい何が書いてあるのか。 過去の感染症の歴史を見てみると、 だいたい第二波、第三波がありしかも第一波よりも被害が拡大していることがほとんどです。 中国ではこうした話題は「社会不安を助長させる」という理由から、SNSなどで語り合うのが法的に禁じられているが、台湾などでは話題になっている。 つまり…東京オリンピックは日本という国の新しい始まり、その ターニングポイントとなるという暗示だと思われる。 その最終予言とは、 釈迦が入滅してから2500年後に、世紀末の悪鬼「クハンダ」がやって来て、日本を八つ裂きにしてしまうというものだ。

Next