logo

バトオペ 2 ガーベラ テトラ。 【バトオペ2】強化されたらしいガーベラ・テトラを触ってみる

バトオペ2 ガーベラテトラ

AE社としても、一部の役員がデラーズ・フリートとの裏取引でを譲渡していた事情もあり、公にはできなかった。 ビームを偏向・拡散させ、ある種のとして機能する。 オーキスの装甲は、軽量化のために弾片防御程度の能力しかもっていないため、防御用兵装として装備される。 劇中での活躍 最終話で、ガトーのノイエ・ジールにブリッジを破壊されたからシーマが脱出する際に搭乗、グワデンのMSデッキ内にビームを乱射し撃沈する。 代わりに高コスト強襲機には珍しく、連撃格闘制御がLV1の2連撃まで。

Next

【バトオペ2】強化されたらしいガーベラ・テトラを触ってみる

創通・サンライズ. 全体的にスペック値が高いのが特徴です。 4t 全備 453. 外観は用のチョバム・アーマーに似ているが、頭部にジム風のゴーグル型フェイス・ガードを装着する点が異なる。 しかし、MAはMSと接近戦になった場合の意外な「もろさ」が欠点であった。 その圧倒的火力をもってほぼすべての敵機を殲滅するが、オーキスと分離し漂流するステイメンのコックピットを生き残っていたのビーム・ライフルに撃たれ、パイロットのデフラ・カーは死亡する。 ・機体HP高めを維持 修理で回復可能なら、後方に下がって修理します。 7t 48. 5m 頭頂高 18. バンダイ. 当時のMSが装備する火器としては最大のものであり、その威力も強力であるが、システムが確立する以前のものであり、一斉射のあとのエネルギー・チャージに長時間を要する。

Next

【バトオペ2】 ガーベラ・テトラを入手しました

参考文献 [ ]• ジャイアント・バズ LV2: 21,000 DP交換• アニメ版には登場しない。 56-63. 計画初期の段階で、格闘・白兵・突撃・強襲といった戦術に対応する 宇宙用の機体も提案され、開発が開始されるが 、コンセプトが試作1号機と一部重複するため 早い時期にペンディングとなり、制式に型式番号は与えられずに終わる (現在知られる型式番号は、一時非公式に呼ばれていたものである )。 82の爆発に耐えうる。 8-13. ただし "LONG RANGE BEAM RIFLE" と英文表記。 0m(砲含まず) 全幅 62. 眼前に、敵エースが迫ります。 パイロットの少尉によれば、MPIWSの測量と照準のバランスが悪いとされる。 以下同様)。

Next

バトオペ2 新機体 高機動型ゲルググ(UL)

運動性・機動力共に全機トップクラスの性能。 オープニング映像では装備されるが、本編劇中には登場しない。 ここらで、選出に備えた行動を取ります。 その際は、味方エースに譲る必要はありません。 連邦軍の軍閥のひとつ「」の創設者が搭乗し、0084年に突如現れティターンズの艦隊に損害を与えつつシン・フェデラルに合流、「コンペイトウ(または観艦式)の亡霊」や「コンペイトウの悪魔」と呼ばれる。 再生回数:207 コメント:14 マイリス:2• ビーム・ライフル 型式番号: XBR・BOWA M-82-06A 改装の際に内部デバイスが改良され、性能が若干向上している。

Next

バトオペ2:「エースマッチ」を語る|えんくん|note

試作2号機 [ ] ガンダム試作2号機(サイサリス) [ ] デザイン メカニック・デザインは試作1号機同様河森がメインデザインを、カトキがコクピット周辺や武装などのデザインを担当。 ただし、それまでに計上されている予算に見合った成果の必要性から、ムーバブル・フレームやなどといった一年戦争末期に提案されていた技術の確立などは公開されており 、武装関連の技術も月企業連合体をはじめとする経済界によるによって、特に機密度の高いもの以外は規制されていない。 この機会に是非「バトオペ2」をお楽しみください。 塗装は白・青・黒を基調に一部黄色で塗り分けられ、コックピット・ハッチにはエメラルド・グリーンが配されている。 このため、可動部品の体積当たりのトルクを向上させ、アクチュエーターの小型化を実現している。 各STEPで11個目におまけMSからいずれか1機がもらえます。

Next

【バトオペ2】 ガーベラ・テトラのすゝめ #5 【ゆっくり実況】 ガンダム ニコニコ動画のニコッター

主翼にを採用しているため、翼端失速が発生せず、超音速領域での機動性にも優れる。 出撃以降も武器の換装が可能で、遠距離から近距離まで多様な戦況に対応することができることから、巨大な武器庫を抱えたMSとも言え 、書類上はMSとして登録されている。 機体構造 胴体部に関してはを参照。 なお、初代コア・ブースターのようにブースターがコア・ファイターと分離可能かどうかは不明。 ギャプランの下位互換機の様な評価が多いですが、蓄積よろけに特化している機体なのでギャプランと違ってミサイサに対し相性の良い強襲機です。 獲得:通常クラン報酬• 高い装甲値と高い火力が魅力。 エバリューション・モニター(情報評価画面)が設置され、火器管制を統括するとともに、教育型コンピューターと連携して敵機情報や自機情報、戦況分析による最適火器選択や換装同期判断などを表示・実行する。

Next