logo

ウクライナ 航空機。 イラン政府、ウクライナ航空機を「人的ミス」で撃墜と認める

ウクライナ機墜落は「イランのミサイルによるもの」 西側諸国が主張

同日、ウクライナ政府は専門家をテヘランへ派遣し、調査を援助すると発表した。 米当局が調査に加われば、ボーイングの参加も可能になる。 我々は貴国政府と人民の悲しみがわかる。 Ludovica Iaccino 2014年7月17日. ヨーロッパとアメリカ側は当初、撃墜のあった7月17日中の発表を目指していたが、ロシア側が「内容の適否を最終確認したい」と要求し、声明の発表を1日遅らせた。 『産経新聞』ニュース2018年5月24日(2018年5月26日閲覧)。 時事通信. 2020年2月18日閲覧。 オバマは、遺体を丁寧に収容し、これを遺族に戻すことが「最低限できることだ」とし、「プーチン氏にはこれを早急に実現させる直接的な能力がある」と付け加えている。

Next

【墜落の瞬間映像】事故?撃墜?イランでウクライナ機(ボーイング737型機)が墜落、乗員乗客176人全員死亡…原因はエンジン火災?【動画】

実際、アメリカの衛星は、旅客機に接近していく2つのミサイルの熱源の痕跡を検知していたそうだ。 国連安保理で非常任理事国のマレーシアが事件の実行犯を処罰するための国際法廷を設置する決議案を提出したが、採決の結果11カ国が賛成したものの常任理事国ロシアが拒否権を行使し、否決された。 マレーシア航空によれば、17便はウクライナ空域を高度35,000フィート(10,668メートル)で通過したいというを提出していたが、ウクライナ空域に進入後、ウクライナの(ATC)より高度33,000フィート(10,058メートル)での飛行を指示された。 ほかに、イラン人82人、カナダ人63人、全乗員9人を含むウクライナ人11人、スウェーデン人10人、アフガニスタン人4人、ドイツ人3人が死亡。 イギリスのボリス・ジョンソン首相も「具体的な情報」があると同調し、徹底的な調査が必要だと述べた。

Next

マレーシア航空17便撃墜事件

なお、のを拠点とするは2014年7月17日、「安全上の問題が生じた」として、ドバイ発行きの便が飛行途中で引き返したと発表。 2014年7月25日、安倍首相はオーストラリアのアボット首相とメキシコに向かう政府専用機内で電話会談を行い、そこで両首脳は今回のことについて、真相究明のため緊密に連携していくことで合意した。 収容された犠牲者の遺体は、ウクライナ東部の反政府勢力支配地域から灰色の保冷車5両を連ねた列車で、ウクライナ政府の支配するハリコフに向け輸送され、そのあと、多国籍の検視専門家チームの管轄下に置かれた。 中国国際放送. 2014年7月20日閲覧。 1月10日、イランはウクライナの調査官が現場に立ち入ることとブラックボックスを調査することを許可した。 さらに、の防衛・軍事分析担当である、ジェームズ・ハケット上級研究員は、マレーシア航空機の撃墜原因について、「最終的な決定を下すためには弾頭の断片を再生する必要がある」と述べた。 の2014年7月30日時点におけるアーカイブ。

Next

マレーシア航空機、ウクライナ東部で撃墜 295人全員死亡

の2014年7月28日時点におけるアーカイブ。 2020年1月14日閲覧。 また、欧州連合が、に対して求めている、ロシア向け新規案件の停止についても欧州連合と協調して対応するという。 は、左右主翼下に3か所ずつ、胴体中心線下に1か所の計7か所であるが、胴体下ハードポイントは増槽専用となっており、兵装は全て主翼下に搭載される。 ロイター. 2014年7月19日. 偵察衛星が発射を探知し、さらにミサイルによる航空機撃墜を確認するイラン側の通信を傍受したという。

Next

ウクライナ航空機、墜落の瞬間と見られる複数動画、ミサイル残骸の写真も

IBTimes. 2020年1月31日閲覧。 の2014年7月29日時点におけるアーカイブ。 CNN. 引き渡されたブラックボックスについて、マレーシア当局の専門家は、「若干傷ついているが、全般的には損傷を受けておらず良好な状態」と話して、ボロダイに対し、引き渡しに謝意を示した。 2020年1月9日閲覧。 2014年7月29日. また、オーストラリアの警察およそ40人も2014年7月26日に、ハリコフに入り、ウクライナ政府の許可を得た上で現地に入る。

Next

ウクライナ航空機がイランのイマーム・ホメイニ空港で墜落。原因はミサイルでなく技術的な問題?

- MiG (英語)• この他、航空機部品に加え、外交文書や花なども積んでいたという。 実際に発射した者や、故意だったかどうかは特定に至っていない。 ブラックボックスには、コックピットの会話やフライトデータが記録されている。 Gelles, David; Troianovski, Anton; Victor, Daniel 2020年1月7日. 2020年1月8日閲覧。 12規格機。

Next