logo

中国 コロナ 真実。 実際の感染者数は発表の40倍? イギリス政府が中国の新型コロナ対応に激怒、募る不信感は経済にも影響か

コロナ禍中に防弾チョッキを大量発注した中国の狙い パンデミックの陰で強まる米中覇権争い(1/11)

ウイルスを含んだ感染者のせきやくしゃみによる飛沫(しぶき)を浴びたり、テーブルやドアノブに付着した飛沫に接触したりすることで感染していく。 それならば、中国はこれから情報封鎖と弾圧を繰り返しながら、徐々に途上国へと戻っていくだけだ。 結果的に、批判していた中国を参考に対応をしていくことになれば、中国から「宿題は出来ていますか」と皮肉を言われるかもしれない。 ちなみに「大紀元」はその後、米イリノイ大学のフランシス・ボイル教授が「中国の生物兵器だ」と語ったことも生物兵器説の根拠としている。 大陸 チャイナ が常に的で、且つが短命に終わるわけ。 日本に足りないのは、G2のカとチャイナの権力闘争の最前線だという当事者意識 当事者意識は完全に欠落している上に、政界はカ寄り、経済界はチャイナ寄りに見えますね。 日本人の新婚旅行は見ないですが(もしかしたら晩婚の方が多いので新婚旅行オーラがないだけかも)、韓国人の新婚旅行のルは割といます。

Next

新型コロナウイルスは中国の生物兵器から流出?! 米国ガン研究所の専門家が陰謀論を全否定|FINDERS

それを踏まえた対処法として、「神への信仰があれば、免疫がつくんです」「信仰のある国家には、あまり広がらない」と、個人も国家も神仏への信仰に立ち戻ることを勧めた。 中国は絶対に次の時代の覇権国家になれない 中国共産党では中国の未来はない。 今の中国の現状は、海外のマスコミが全くいない、武漢は幹部の総入れ替えで習近平の 子分が占めている、そして隣の深圳には感染者がいないという。 習氏が武漢を訪問し「感染を抑え込んだ」と宣言した翌日に、テドロス事務局長はパンデミック 世界的大流行 と言えると表明した。 いったいこの先、私たちの暮らしはどうなってしまうのでしょうか。

Next

新型コロナ「バイオ兵器説」の裏に隠された真実とは どこか不自然、“噂”の否定に躍起になる中国当局(1/5)

否定された情報を丹念に検証してみると、最初からバイアスがかかっていたり、意図的な印象操作だったり、科学レベル的に不足していたりすることが見えてくる。 6年半ほど前の香港で報じられたニュース。 3月末まで、習近平のコロナ対策を評価していたドナルド・トランプ大統領が、にわかに攻撃に転じたのは4月上旬のことである。 気候変動も大惨事を引き起こす準備万端です。 本当に困ったものですね。 研究グループが4月から5月にかけて粒子状物質、二酸化窒素、二酸化硫黄、オゾンなどを測定したところ、都市封鎖解除後に すべての汚染物質が昨年のレベルを超えていたとのこと。 もし本当に感染が収まり始めているなら、全人代は開かれるはずだし、経済ピンチの北朝鮮が国境を開けるはずだ。

Next

新型コロナウイルスは中国の生物兵器から流出?! 米国ガン研究所の専門家が陰謀論を全否定|FINDERS

一つ目は、新型コロナが初めて見つかった中国・武漢に、ウイルス研究所があることだ。 科学の専門的意見を聞くべきだ」と明確な回答を避けた。 。 のちに論文は撤回されることになったが、この論文が新型コロナが人為的なものだとする噂の引き金とも言われている。 タイランド・メディカル・ニュースはすごいですよ。 政府発表では2020年1月30日の段階で7,800人だったが、当時から現場は「10万人以上の患者がいる」と切実に訴えており、その乖離は壮絶なものがある(編注:2月24日現在、中国の保険当局によると感染者数は7万7,658人とされています)。 複数の情報源を比較して、信頼度の判断を 新型コロナウイルスが人工ウイルスという説は、専門家によってすべて否定されている(文末文献参照)。

Next

なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

健康科学系メディアの取材に応じる董宇紅氏(動画の内容は新型コロナとは無関係です)。 そしてもう一つ、感染検査をしなくなっていると聞く。 日本は、もっと取れないだろうな。 ここまでです。 チャイナが力を失わない限り欧州はまた掌クルーする。

Next

新型コロナウイルスの真実を「霊査」 感染拡大の背景と「対策」は?

また、住宅設備部品や自動車部品などの値上も始まっています。 新型コロナがヨーロッパに与える衝撃 トランプの対中貿易戦争招集でも一向にチャイナ擦り寄りを 止めなかったヨーロッパ諸国が、まさかの新型コロナで一気に揺らいでいる感じがします。 都合の悪い真実はねじ曲げる。 大川総裁は7日、「中国発・新型コロナウィルス感染 霊査」として、ウィルス感染の背景を知る霊人を呼び出して霊言を収録した。 著者は横浜市立大の医学部長も務め、50年にわたって日本とアメリカで感染症の研究に取り組んできた日本有数の感染症専門医です。 そこで注目すべきは、中国のような強権的手法を用いずに、コロナの感染者・死亡者数を抑え込んでいる日本だろう。 西陸網は1月26日に「 新型ウイルスはアメリカがつくった中国人だけに作用する生物兵器だ」という陰謀論系の記事を掲載していたのだが、郭文貴氏はそれを逆手にとり、人工ウイルスであることを中国が認めたと曲解し、「中国の生物兵器である証拠だ」と論理を飛躍させて拡散した。

Next