logo

塩沼 亮 潤 大 阿闍梨。 大阿闍梨、塩沼亮潤さんを訪ねて

【荒行】千日回峰行満行者=大阿闍梨の歴代名前一覧!人数はどれくらい?

また行こうかな。 35日目 かあちゃん。 Contents• 1度目は大きな落石が目の前をかすめて行きました。 「クマに追いかけられたこともありました。 そして、とうとう小さな石に躓いて、闇のなかで宙を舞うように転げ、顔面から地面に叩きつけられた。 京都:洛北• さらに、人間であるがために味わう苦しみが四つあります。 … 竹田 かつて日本人の多くは、今回のブータン国王と同じような美しい振る舞いをしていました。

Next

プロフィール

けれども、死の怖さはまったくない。 奈良県の大峯山の頂上にある大峯山上本堂までの往復48kmの山道を1000日間、 1日も休まずに歩き続ける行です。 血尿も出ますし、心臓を悪くして、意識が遠のいた時もありました。 BRAINスカウター ブレインスカウター ことリポーターは佐藤美希さん。 情熱を持って、平易な言葉で 語りかける講演はすばらしいものでありました。 1986年に卒業後、資金を貯めて翌1987年5月6日に金峯山修験本宗管長に師事して総本山で。 そんな厳しい行を成し遂げた塩沼自身にどのような変化があったのか? それまでは普通の社会生活を送っていたという塩沼。

Next

大阿闍梨来たる

徳川時代には、仙台藩主伊達政宗公の「湯浴み御殿」として栄えたゆかりの湯と、こだわりのご昼食をお楽しみください。 佐賀:佐賀• 大峯千日回峰行大行満大阿闍梨。 その後、自分が山のなかで感じ取った世界観も変わってくる。 もし、行かなけりゃあ短刀で腹を切るしかない。 そうした当たり前のことを徹底して基礎からやっていなければ自分自身の人生も心の潤いもない。

Next

大阿闍梨・塩沼亮潤「大峯千日回峰行」「四無行」を乗り越え見えた景色とは?

「将来は世界中を駆け巡り、たくさんの友達をつなげて歩けるような信仰者になりたい。 ほとんど水を飲まなくても、ご飯を食べなくても、自分の体を山に持っていって下ろしてくることができるようになります。 TVで師を観て千日回峰行に憧れる。 刀鍛冶屋さんにお願いをして火入れ式を行い、自分で玉鋼から刀を打ち、それを左の腰に差して行に入った。 「はい、ありがとうございます」と答えたが、本当は違うんだよ。

Next

プロフィール

大分:由布院• これを個人に当てはめると、大切なのは自分自身とありとあらゆる存在との調和ということだと思う。 人生生涯小僧でありたい。 著書に『人生生涯小僧のこころ』『人生の歩き方』『毎日が小さな修行』(いずれも弊社刊)ほか。 そのときに死を覚悟した。 それで目の前にある砂を舐めて齧った。

Next

プロフィール

「17日目、行者なんて次の一歩がわからないんだ。 縁のある人達を交えて最期の食事をし、別れを告げます。 佐賀:嬉野• そのときに必要なのが ゆとりです。 国王が合掌して哀悼の意を示される尊い姿を見た日本人は、人間本来の、あるべき姿を思い起こしたのではないでしょうか。 18年八千枚大護摩供満行。 自分を大切にするように、相手を尊重するということも忘れてはいけないと思います。

Next

【荒行】千日回峰行満行者=大阿闍梨の歴代名前一覧!人数はどれくらい?

長野:武石• 厳しい修行のなかで得たものとは。 そこから回峰行が行われるようになり、現在に至っております。 、2016年2月11日• 三重県 近畿 この条件で検索. どれだけ凄まじい行なのか。 そして、その功徳が回り まわって、自分の心を潤します。 同時に、自分の至らなさを痛感するばかりでした。

Next