logo

シミック ランプ。 『テーロス還魂記』新カードでデッキ構築!その2:ウーロがランプで大脱出(新スタンダード)|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

【構築】アーキタイプ別5

一刻も早くブロッカー&ライフ獲得手段の《不和のトロスターニ》が必要です。 とはいえ、絶対にそうだと思いこむのは危険だ。 白マナを得るために《》《》を採用したことで、これらの土地をアンタップ状態で出す際にはライフを2点失ってしまう。 実際、今年はホガークヴァイン、エスパーコントロール、ゴロスランプ、フードというデッキを選択してきたのだ。 -8の奥義を使うときは、大抵《ニッサ》が場を離れると思います。

Next

バント・ランプ(スタンダード)|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

『エルドレインの王権』で追加されている【】【】の2種類もランプデッキとの相性がよく【】は【】や【】、【】を唱える助けに。 に向けた調整経験からわかっていることだが、ラクドス騎士は少し意識されただけで負け得る。 ・とはいえ、シミックランプは試してみるだけの価値がある出来に仕上がっている。 ・ 正直に言えば、これだけ丹精を込めて作ったデッキだから、MCでどれだけ通用するのかを試してみたかった。 暫くの間はメタの筆頭に居座ると思いますので、ミラーマッチの練習もお忘れなく。 というわけでスタンダードとヒストリックでこの2枚が禁止カードになった。

Next

もはやコンボではない。シミック氾濫プ mtg

ランプやビッグマナなど呼び方は好きにしたらいい。 安易に投入するのは危険だろう。 何よりも、今手札にある土地はどちらもギルドランドなので、次のターンに5マナ出そうとするとアンタップインしなければいけません。 ・ アンドレア・メングッチが を4枚搭載したゴルガリランプを考案。 。 灯争大戦によってシミックネクサスが得たものは数多くありましたが、最初に注目を集めた《伝承の収集者、タミヨウ》や《爆発域》を上回る掘り出し物が、《世界を揺るがす者、ニッサ》でした。 何マナで出そうともマナコストは2です。

Next

もはやコンボではない。シミック氾濫プ mtg

もちろん、常在型能力は引き続き効果を発揮してくれます。 ただ、《ニッサ》や《否認》が使いづらくなるので微妙かもしれません・・・ 6. 同時に、プレイヤーの腕が試される要素が強まり、プレイしていて楽しい。 涙の氾濫全知コンボの本質は涙の氾濫と全知ではなく、横にタミヨウを立てることで横に並べるパーマネントのcip、pwの奥義以外の忠誠度能力を好きな回数使えることにある。 相手のターンエンドに放たれる《栄光の終焉》は、文字通りゲームの終焉をもたらします。 6枚連続で土地を引いてすぐ死にました。 マリガン後の初手の方が強いことを願ってマリガンすべきです。 ティムールアドベンチャーは に介入する手段が欠けているからだ。

Next

シミックランプでマッチ戦:スタンダードに行ってきました!

黒いあのスタイルは特に欲しいとは思わないですし…経験値もいらないとなるとメリットが無さすぎるという。 デッキ 4 ハイドロイド混成体 183 7 森 ELD 269 4 島 ELD 257 4 成長のらせん 178 2 ヴァントレス城 ELD 242 2 霊気の疾風 M20 42 1 模写 GRN 51 1 裏切りの M20 43 4 枝葉族の M20 178 2 ブリグ城 ELD 240 2 変容するケラトプス M20 194 2 打ち壊すドン M20 197 1 アーク弓のレインジャー、ビビアン M20 199 4 世界を揺るがす者、 WAR 169 4 神秘の神殿 M20 255 4 繁殖池 246 4 発現する浅瀬 M20 217 2 破滅の終焉 WAR 160 1 終末の祟りの先陣 124 4 茨の騎兵 M20 167 1 爆発域 WAR 244 サイドボード 1 霊気の疾風 M20 42 4 神秘の論争 ELD 58 1 打ち壊すドン M20 197 3 恋煩いの野獣 ELD 165 4 自然への回帰 ELD 173 1 老いたる者、ガドウィック ELD 48 1 裏切りの M20 43 Finals2019でのレシピを参照しつつ、BO1向けに青対策を少し入れる感じで組んでみた。 バントランプを使おうと思っている人は、まずグリクシスコントロールに対する明確なサイドボードプランの作成と、プレイテストを十分しておきましょう。 や を使うようになったジャンドは終盤戦に強くなり、ジェスカイはもっとテンポを重視したゲームにする必要が出てきた。 3マナソーサリータイミングで相棒を手札に加えるというステップが入ることでテンポが遅くなる。

Next

MTGO 5

皆さんこんにちは、アイヤイヤーです。 ジェスカイに対してかなり強そうだった。 メインテーマは「バントランプ」の紹介になりますが、その中心的な存在である《世界を揺るがす者、ニッサ》を紹介するため、前段ではお気に入りの「シミックネクサス」についても触れています。 使用者は アンドレア・メングッチ選手。 ブン回りから3tニッサという勝ち筋も与えてくれ、全知を素出し出来たりすることも。 調整録をご覧いただいた後は、 サイドボードプラン、主要なマッチアップの戦い方、マリガン判断について解説していきます。

Next

【MTGアリーナ】シミックランプのスタンダード最新デッキレシピ【MTG】

は対象を見つけるのに多少苦労するので、クリーチャー化した土地に恐れずに唱えていきます(できれば が望ましいです)。 特にウィノータガチャだと最速3ターンで土地が奪われてもう対処しようがないもんね。 皮肉な話ですが、その大きな理由は《ニッサ》の大流行だと思います。 配信者でありミシックチャンピオンシップ予選の通過者であるが発端となって数を増やしたデッキである。 頭を悩ませるのは《再燃するフェニックス》と《スカルガンのヘルカイト》という大型の飛行クリーチャーなので、《栄光の終焉》で地上をガッチリ固めても効果は薄く、サイドアウトして差し支えないと思います。 盤面のクロックを2回受け止めることはできません。

Next