logo

深夜 特急。 深夜特急4 ーシルクロード〈旧版〉 (新潮文庫)

小説「深夜特急」のあらすじと感想

旅の描写が豊かで情景が目に浮かびやすい 本書に中毒性がある原因は、おそらく旅の描写が豊かな所だと思う。 自分でも豊かな青春だったと思っています。 また、「劇的紀行 深夜特急'98〜飛光よ! 香港からここまで長期間も旅をしていると、観光したりすることよりも、 ただ目的地に向かうということが目的になってしまっている部分はある。 2000年に東宝よりVHSソフト化(全3巻)され、各巻の特典映像として「おまけ 深夜特急 撮影ノート」が収録されている(ただし、表示される通貨やレートなどは収録時点でのものとなっており、また、ユーロ圏においても通貨統合前のフランやペセタなどの通貨単位で表示されている)。 実際に僕は、深夜特急にハマり、 「日本という国しか知らないまま死ぬなんて絶対に嫌だ!世界中を旅していろいろな景色をこの目で見たい!自分の知らない自分に出会いたい!」 という思いに駆られています… インドア派の僕でさえ、お金がたまったら、仕事を辞めて旅に出ようかなくらいには思っています。

Next

500万部突破記念 #私の深夜特急 キャンペーン

その後も『深夜特急』や『檀』など今も読み継がれる名作を次々に発表し、2006年『凍』で講談社ノンフィクション賞を、2014年に『キャパの十字架』で司馬遼太郎賞を受賞している。 休日の昼下がりから、お酒をチビチビやりながら3編をぶっ通しで観るのが何よりの幸せです! 「飛光よ!ヨーロッパ編」のエンディングのあと、沢木耕太郎さんの単独インタビューが始まり作品について語るのですが、何といいますか、話し方が独特な方で、いつも笑ってしまいます。 長い旅をしていないと気がつかないことというのがあるんだろう。 1993年に『深夜特急 第三便』が第2回JTB紀行文学賞を受賞している。 何故か胸が熱くなり、泣きそうになるのです。

Next

深夜特急 1 / 沢木 耕太郎【著】

全6巻ありましたが、ほぼ一気に読んでしまいました。 PS:笑ってコラえて! どこかハードボイルドな雰囲気もあり、本当に格好いい! そしてそこが、私がこの本を嫌いな理由でもある。 テレビドラマで観て以来ハマってしまい、その後はDVDで計20回は観ています。 劇的紀行 深夜特急 第一便・熱風アジア編(2002年3月20日、ソニー・ミュージックディストリビューション)• この絵、光の方向・陰のでき方から、夕日の沈んだ後、つまり夕方だと思われます。 主な出演:大沢たかお、(声の出演)、 ()(周海媚)、、ほか• 僕はもう26歳を過ぎてしまったけど、旅はその時の年齢に応じた様々な楽しみ方があるというのが今の感想です。 第35回ギャラクシー賞優秀賞受賞• ドラマ部門 最優秀賞受賞• 何回でも観てしまう、まさに名作です。

Next

名作ドラマ「劇的紀行 深夜特急」

ろくにお茶すら注文できなかったたかおちゃんが、 こうなる。 深夜特急の主人公「私」はとにかく格好いい。 深夜特急5 トルコ・ギリシャ・ ()• 子供たちには映画を通して、将来の夢を持ってもらいたい! 教来石さんの活動に斎藤工さんも賛同しているとの事です。 主人公・は、友人たちと賭けをし、インド・デリーからロンドンまで乗合バスでいくという酔狂な旅に出かけた。 2004年に「成田国際空港」に改称。

Next

深夜特急

怪我したり死んだりさえしなければ、死にたくなるような最悪の恥ずかしい経験だって悪かないと思うんだよなあ。 手持ちの残金が底をついてしまったり、パスポートの盗難にあったりしながら、沢木の旅はイタリア、スペインからジブラルタル、セビリア、ポルトガルへと続いてゆく。 シルクロード 深夜特急は名作だ。 リアルな描写 深夜特急は実際に作者が行った旅がベースにされていて、リアルな情景が頭に浮かびます。 当初は日本からデリーまで直行してしまうつもりだったが、途中2か所のが認められる航空券を手にした私はとを選び……。 一人旅への恋心に火がつくと、これはもう、手に負えない。

Next

沢木耕太郎の「深夜特急 第1巻」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

途上国の貧困や当時の現状もよく描かれている。 1996年・TV・カラー 原作:沢木耕太郎 監督:(演出)小野鉄二郎 脚本:水谷龍二 出演:大沢たかお/松嶋菜々子(声の出演) 沢木耕太郎原作のベストセラー『深夜特急』内のユーラシア大陸横断旅行編を大沢たかおが主人公に扮し、ドキュメンタリードラマ化。 YMCAのホテルマンに薬をもらって、それを飲んで眠ったらウソみたいに体調が治った。 1979年『テロルの決算』で大宅壮一ノンフィクション賞、1982年に『一瞬の夏』で新田次郎文学賞。 そりゃめちゃくちゃ頭も切れるだろうから、本当にこんな風にずっと格好よく旅をしていたのかもしれない。 様々な出会いを胸に刻み、アジアの果て、トルコを目指す。 もはやその症状は深夜特急好きにとったら、当たり前の症状なのかもしれない。

Next