logo

千年 狐 干 宝 捜神 記 より。 今日の収穫 (8月27日)

干宝

詳しくは以下のページをご覧ください。 男は身のたけ一丈もあるらしく、黄衣をきて白い帯を垂れていた。 彼は早く起き、遅く寝て、耕作に怠りなく働いていると、あるとき村内で大きい 法螺貝 ( ほらがい )を見つけた。 さらに正面の棺を破ってみると、棺中の人は髪がすでに 斑白 ( はんぱく )で、衣冠鮮明、その相貌は生けるが如くである。 こうして息子らを出してやったものの、父もなんだか不安であるので、やがて後から様子を見とどけに出てゆくと、兄弟はその姿を見て刃物を 把 ( と )り直した。

Next

捜神記 / 干 宝【著】/竹田 晃【訳】

SPED理工系英和 0• 卷属になると歳を取らないのかな? 話の流れで、阿紫から 廣天の力という言葉が。 ある者は体じゅうを螫され、ある者は眼を突きつぶされ、初めに掠奪した獲物をもみな打ち捨てて、転げまわって逃げ去った。 昨日第〇話の考察と感想を述べましたが、今日は第一話の感想と考察。 妻は飯の支度をして、夫と共に箸をとろうとする時、俄かに形をあらためて言った。 なんとも美しいセリフではありませんかい…本当に廣天が言ったんですかねこれ。

Next

今日の収穫 (8月27日)

又もや大騒ぎになって追いかけたが、すっぽんは非常に足が 疾 ( はや )いので遂に捉えることが出来ず、近所の川へ逃げ込ませてしまった。 スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。 「その怪物というのは、どんな形でした」 「兎のような形で、二つの眼が鏡のように 晃 ( ひか )っていました」 「では、ちょいと振り返ってごらんなさい」 言われて何心なく振り返ると、かの男はいつの間にか以前の怪物とおなじ形に変じて、前の馬の上へ飛びかかって来たので、彼は馬から転げおちて再び気絶した。 名前は語られていないが、容姿で一族の者であることが示唆されている。 かれが壮年になった時に、母は父の遺言を話して聞かせたので、眉間尺は家を出て見まわしたが、南の方角に山はなかった。 亀は長さ四、五 寸 ( すん )、雪のように真っ白で 頗 ( すこぶ )る可愛らしいので、彼はそれを買って帰って 甕 ( かめ )のなかに養って置くと、日を経るにしたがって大きくなって、やがて一尺ほどにもなったので、軍士はそれを憐れんで江の中へ放してやった。 「すぐにお返し申します」 やがて其の人が 嘉興 ( かこう )まで行くと、一尾の魚が船中に飛び込んだ。

Next

岡本綺堂 中国怪奇小説集 捜神後記(六朝)

形は 兎 ( うさぎ )のごとく、両眼は鏡の如く、馬のゆくさきに 跳 ( おど )り狂っているので、進むことが出来ない。 詳細は以下のページをご覧ください。 論より証拠、わたしが即ち鬼である」 彼はたちまち 異形 ( いぎょう )の者に変じて消え失せたので、阮はなんとも言うことが出来なくなった。 また、干宝の兄が病気になってそのまま絶命したが、いつまでたっても体が冷たくならず、後に目覚めて、天地の間の鬼の様子を覗いており、自分が死んでいるという自覚はなかったと語った。 かれらにはそれぞれの 字 ( あざな )をあたえて、大を 当洪 ( とうこう )といい、次を 破阻 ( はそ )といい、次を 撲岸 ( ぼくがん )と呼んだ。 これは酷い…でも廣天がへっぽこなだけでそこまで混乱するだろうか…? なんとなく、不幸に見舞われたのは皆廣天に好意的な者たちな気もしますね。

Next

「千年狐」1巻―千年を生きる妖狐を描く中華ファンタジー(コメディ要素大)

日本史年表 0• 敵は黄の帯を締めています、わたくしは白の帯をしめています」 猟師は承知すると、かの男はよろこんで帰った。 彼女は周に声をかけた。 虎はここで彼女を下ろしたので、どうするのかと思ってよく視ると、そこには一頭の 牝 ( めす )の虎が難産に苦しんでいるのである。 武芸を身につけ、大事なもの 炭片 を守る強さを得たいという廣天の決意を見込んで弟子入りを許可する。 さすがの大蛇も犬に噛まれ、剣に傷つけられて、数カ所の痛手に 堪 ( た )まり得ず、穴から這い出して 蜿打 ( のたう )ちまわって死んだ。 見るなと言ったり見ろと言ったり忙しいwww 約束を破る漁師、 真面目な尻使者、 意識高い系冥府大帝、 スポーンスポーン抜ける魂。

Next

千年狐 ~干宝「捜神記」より~ / 張六郎 おすすめ無料漫画

さて、その男にこれを見せてから、 「もしもこの墓にいる女の亡者の姿かたちを述べることができたら、 厚くほうびを取らせ、お前を信用することにいたそう」 と言った。 おのれどうしてくれようかと思案していると、穴のなかでは泣き声がきこえた。 そうして、生きている時と同じように、彼女と一緒に寝起きをしていたのみか、自宅に吉凶のことある 毎 ( ごと )に、一々彼女に話して聞かせたというのである。 琵琶鬼 呉 ( ご )の 赤烏 ( せきう )三年、 句章 ( こうしょう )の農夫 楊度 ( ようたく )という者が 余姚 ( よちょう )というところまで出てゆくと、途中で日が暮れた。 各エピソードは、それぞれ公開期間が決まっておりますのでご注意ください。

Next