logo

海外 から の 入国 制限。 「新型コロナ」による入国制限を緩和、第三国からの入国申請受付再開(スイス)

【入国制限調査:30カ国対象】海外在住日本人に聞いた、在住国の入国状況の変化を調査|ロコタビのプレスリリース

5月29日~6月2日に73ヶ国から76ヶ国に増えました• その一つが聖火を確実に日本に到着させること。 4月20~25日の間に183ヶ国から184ヶ国へ増えました• 3月24日から当面の間,航空機のトランジットを禁止する。 🇳🇴ノルウェー (6月26日更新) 7月15日からシェンゲン・EEA地域内在住者の入国規制緩和を調整中。 7月からは上記の4カ国に対して入国制限の緩和措置をはかり、その後徐々に他の国へと広げていく予定なのでしょうか。 海外からの観光客受け入れは段階的、中国や韓国などアジア地域が受け入れ対象国に含まれる可能性が高いとのこと。

Next

【入国制限調査:30カ国対象】海外在住日本人に聞いた、在住国の入国状況の変化を調査|ロコタビのプレスリリース

しかもまだきちんと全ての生活が戻ってるわけじゃないのに。 🇨🇱チリ(6月19日更新) 6月24日まで国境閉鎖を延長。 🇧🇪ベルギー (6月8日更新) 6月15日より、EU及びUKからの入国を再開予定。 検査結果によっては14日間の自宅隔離が義務づけられる。 これらの国への渡航を検討される際には,各国当局のホームページを参照する他,在京大使館に確認する等, 最新の情報を十分に確認してください。 なお,国内の行動制限が緩和される場合でも,日本からの渡航者や日本人に対する入国制限や入国後の行動制限がとられている場合もあるのでご注意ください。 4月8日から,過去14日以内に湖北省に滞在歴がある者で,深圳湾入境ポイント,港珠澳大橋入境ポイントから入境する者は,強制自宅検疫中に喀痰を採取し,それを同日午前中に指定クリニックに配送しなければならない。

Next

海外と日本の入出国制限【確認法と現状まとめ】2020年4月6日更新

このほか、入管法に基づく入国拒否の対象国に、新たに感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告:渡航は止めてください)に引き上げたイタリア、スペイン、スイスの一部地域とアイスランドを追加。 🇪🇸スペイン (6月23日更新) 6月21日よりポルトガル以外のEUシェンゲン協定加盟国からの入国を許可。 3月5日アルメニア、ウズベキスタン、エクアドル、カナダ全体、カメルーン、キューバ、クウェート、ザンビア、ジブラルタル、セネガル、トルメキシタン、仏領ポリネシア 、ベラルーシ、南アフリカ、モナコ、ロシア全体が増え、パナマ、オマーンが減りました• 外交・公用目的,他の特別な場合(重要な外交活動に参加,従事する外国人,専門家,企業管理者,高技能労働者)については,公安省,国防省が主管となり,外務省,保健省及び関連機関と連携し,(必要であれば)査証を発給し,規定に沿って,独立した区域での検査,強制医療申告,居住施設における適切な隔離を受ける。 (注)自主健康管理とは,各自に以下の行動を求めるもの。 カンボジア 5月20日付けカンボジア当局の発表に基づき,カンボジアに入国する全ての渡航者(カンボジア人を含む。 これらの防疫措置で生じる費用は渡航者の自己負担となり,カンボジアに入国する全ての外国人渡航者は,これらの費用の支払いに充てるために,カンボジア到着時に,当局に指定される銀行に最低3,000米ドルをデポジットとして預け入れなければならない(現金またはデビットカードでの支払い)。

Next

水際対策の抜本的強化について(新型コロナウイルス感染症)厚生労働省

3月3日ブータン、パナマ、カナダのいくつかの州、ベネズエラ、キプロス、クロアチア、 トルコ、ヨルダン、ケニア、チュニジアが増え、仏領ポリネシア、ジブラルタル、トルクメニスタンがなくなりました• 私たち日本在住者が明るい笑顔の旅行者の一人として入国できる国はどこなのでしょうか。 6月24日より12月31日まで、非移民ビザ(H-1B、H-2B、Jビザ、Lビザ)に対する米国への入国を制限。 タイ政府は段階的に経済活動の制限を緩和していますが、外国人の入国については外交官など一部に認めているのみで、国際線の旅客機の乗り入れも、今月末まで停止しています。 いくらすべてが安くなっていても、ヨーロッパまでのエア代が返ってこないのは恐すぎます!そんな時こそ、トラベル・スタンダード・ジャパンが頼れるのです。 ウ 高感染危険国からの(再)入国者のうち,チェコ国民,チェコで滞在許可を有する外国人,EU市民及び当該居住国で「long term EC resident」の資格を有する外国人は,チェコ入国時に,PCR検査結果(陰性証明書)の提出若しくは隔離義務がある。 3月2日よりキルギスが増えました• その他の国は7月15日解除予定。

Next

水際対策の抜本的強化について(新型コロナウイルス感染症)厚生労働省

🇺🇿ウズベキスタン(6月15日更新) 投資プロジェクトに取り組む外国企業等の専門家などの入国を認める方針を発表。 行動制限では、オーストラリアが全ての入国者に14日間の隔離措置を要請。 今回はそんな疑問や不安を少しでも解消できるように、ベトナムへの入国規制・緩和情報をまとめました。 🇧🇬ブルガリア (6月15日更新) ギリシャへとの国境を再開。 先月23日以降は新たな感染者は確認されておらず、また、現時点で治療が必要な人もいません。 6月15日からは、マスク姿の旅行者の姿が各国の空港で見られるようになり、ニュースをチェックしていても、ようやく最初の一歩が動いたような、明るい笑顔の旅行者が印象的でした。

Next

【海外旅行いつから?】入国制限緩和・解除予定の国まとめ(6月27日更新)

必ず下記のサイトもあわせてご確認いただき、補助として参考にしてください。 タウィーシン氏は22日の会見で、19日までに判明した23人の感染者のうち19人については、タイ南部ソンクラー県のマレーシア国境のサダオにある入国者収容所に収容されていた時に、感染が確認されていたと説明した。 3月12日アイルランド、アルゼンチン、北マケドニア、コンゴ民主共和国、スロバキア、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、モルドバ、モルドバが増え、ウガンダが減りました• ニュース YahooNewsTopics 5月31日に入国制限の緩和についてのニュースが入ってきました。 つまり移動の代や、滞在する14日間の宿泊費は自腹となります。 🇮🇹イタリア (5月26日更新) 6月3日よりEU市民に限り検疫なしで他国からの移動を許可。

Next