logo

マイ ラプソディ 命名。 マイラプソディの調教タイムが化け物すぎる

【ダービー】武豊はマイラプソディで確定か?アドマイヤビルゴの鞍上は?

5秒と速く、マイラプソディの上りは33. 状態も良かった。 0 -0. 単勝1. 今後もキーファーズと武豊騎手には注目ですね。 初の長距離輸送も無事にこなし万全の態勢だっただけに、武豊騎手と友道調教師は敗因について「わからない」と口を揃えた。 なので、 共同通信杯でもマイラプソディの武豊Jが目指したのは、マジックキャッスルのようなゴール前急追だったと思うのですが、 ・クイーンカップは、ハイペース&良馬場 ・共同通信杯は、超スロー&稍重馬場 ・マイラプソディは稍重馬場で他馬より+1キロ重かった という違いが、様々な違いを生んだんじゃないかとリアトは想像していて、だからこそ馬場状態の見極めが大事だなと考えています。 敗因はこれか? マイラプソディの次走 次走は東京芝2400mで行われる、「日本ダービー(G1)」。 この 超スローペースで、稍重馬場で1キロ多く背負った状態で、ディープインパクトみたいな大外ぶん回しして勝てるほど、マイラプソディは抜けていないと思ったからです。

Next

「武豊マイラプソディは負ける」 立ちはだかる鬼門データ

どちらも2歳馬の頂上決定戦レースであり、武騎手の快挙を期待して、どちらかに進むという可能性も囁かれています。 上がり3ハロンは、2位に0秒6差をつけて最速の35秒9。 勝ち時計は2分0秒7。 だが、今年初戦の共同通信杯(G3)で単勝1. 血統的にも海外 主に欧州 でも走れそうな馬を積極的に購入しています。 マイラプソディが、2馬身差で鮮やかに差し切って無傷のV3。 すでにマイラプソディで結果を出しつつありますし今後有力馬が増えていくかもしれません。

Next

マイラプソディに乗っていたノリさんの騎乗については賛否両論ですよね!?

まだまだ先のことですが、少なくとも陣営は、マイラプソディにそれくらいの期待と手応えを感じているようです」(別の記者) 「着差はそれほどなかったですけど、今後につながる内容。 まあ、彼女が出走したおかげで多くの観客を呼び込むことができたのだから、興行という意味ではそれもありなのかもしれないが…。 7は意図的にミナリクJのビターエンダーがペースダウンしたのかなと。 さらにその翌週、前週2着で悔しい思いをした松山弘平騎手が、その鬱憤を晴らすかのようにオークス(G1)を快勝。 素晴らしい。 ここにいけば武豊騎手に会えるかもしれませんね。

Next

皐月賞12着のマイラプソディは予定通り武豊でダービーへ アドマイヤビルゴの京都新聞杯騎手未定

3角5番手、4角3番手とマクリ気味で直線へ。 ルメール、川田、戸崎に次ぐ今年4人目。 ここまで来れば、もう説明するまでもないかもしれない。 体感だけど 勝ったダーリントンホールより、マイラプソディの方が10メートル以上は距離ロスを選択していると思いますが、今回は外を回しても3部どころと6部どころで、そこまで上がりに差が開かない馬場状態だったと思います。 代表者:松島正昭• で、芝もダートもそうですが、馬場状態や含水率は良と稍重の違いで、簡単に結果が変わってくる事があるので、無視は出来ない情報です。 1秒、上がり2位がビターエンダーとマイラプソディで34. 群雄割拠の2歳世代にまた1頭、大物が現れた。

Next

●マイラプソディの次走はダービーに決定

2019年現在ではセリで購入した馬は全く活躍していないと言ってもいいかもしれませんが、ディープインパクト産駒でも海外向けの血統を購入していることが日本で成績が上がってこない一因なのでしょう。 皐月賞を完勝した コントレイル 皐月賞で2着に入った サリオス が人気になりそうですが その他の馬達も虎視眈々です。 もたつくマイラプソディに、早くもユタカの右ムチが飛ぶ。 マイラプソディは巻き返しを図るも、さらに着順を落としてしまい13着の惨敗。 驚いたことに来春ではなく、来秋の大舞台をすでに視野に入れていたのだ。

Next

マイラプソディのフラッグ・サト・横山典弘が話題

ただし、序列の入れ替えは必要でも、その頂点にいると考えている馬は変えるつもりはない。 武豊騎手(マイラプソディ=13着)「道中はいい感じで走れて、描いていたポジションで運べた。 まずは国内の大きなタイトルを狙いたいところですが、マイラプソディはそれらを期待させてくれる走りを見せてくれています。 5倍の圧倒的1番人気に支持されるも、4着に敗れてしまう。 ただ成績上位の厩舎の名前を見ると確かに武豊騎手と仲の良い厩舎の名前ばかりですので、噂は真実なのかもしれませんね。 7 1着(阪神)• マイラプソディは、ダービーを勝たせる乗り方してる感あるので、今後のローテや馬場状態もチェックしつつ判断していきたいなと。 特に前走の皐月賞(13着)は、4コーナー手前でコントレイルに交わされると一気に手応えがなくなった。

Next