logo

センキュウ 生薬。 センキュウ根茎エキスとは…成分効果と毒性を解説

生薬特集 「セリ科」

の根茎を乾燥したもの。 「ジオウ(地黄)」を何回も唱えてみると、「オウジオウジオウジ」で「オウジ」となります。 当帰芍薬散加附子(トウキシャクヤクサンカブシ)• スポンサーリンク. アカンか。 com 2-6-2,sakaihigasi,nishiku,Niigata-city,Japan 丂. 日本産センキュウには、鎮痙、鎮痛、鎮静、降圧、血管拡張作用などが認められており、漢方では、活血・理気・止痛の効能があり、頭痛、腹痛、筋肉痛、生理痛などに用います (文献3:2011)。 日本には江戸時代初期に薬用として渡来したと 考えられており、北海道、東北地方、長野県、奈良県などの寒さが厳しい地域で栽培されている多年草の植物です。 味は苦く芳しく,大和川芎の次に良い。 。

Next

漢方・生薬のまとめ覚え方

。 セリ科の センキュウの根茎を、通例、湯通ししたものを基原とする生薬• センキュウ(川きゅう)の原料となる植物 センキュウ(川きゅう)はセリ科のセンキュウの根茎を乾燥させたものを使用しています。 。 センキュウの入浴剤 センキュウを入浴剤として利用すれば身体をポカポカと暖めて冷え症予防、月経不順や生理痛などの婦人病疾患の改善、 風邪予防、血行促進による肩こり、腰痛、疲労回復に非常に効果があります。 月経困難症などに使われる駆お血剤の代表として「桂枝茯苓丸」 けいしぶくりょうがん (表1)があります。 ただし、詳細な試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。 水毒を調整する生薬として茯苓 ぶくりょう (茸の一種)、沢瀉 たくしゃ (サジオモダカの塊茎)、朮 じゅつ (オケラの根茎)、猪苓(茸の一種)などがあります。

Next

トウキ:新常用和漢薬集/公益社団法人東京生薬協会

体を温め、発散作用。 草丈は30〜60cm,葉は長い柄をつけ,2〜3回羽状に深く切れ込んでいます。 日本メナード化粧品株式会社(2006)「グルタチオンレダクターゼ活性増強剤」特開2006-111545. 0g 日局 ケイガイ 1. 五積散(ゴシャクサン)• 2008年に丸善製薬によって技術公開された天然物における肝細胞増殖因子であるSCF発現上昇抑制作用検証によると、試験内容は非公開ですが、センキュウ根茎エキスにSCF発現抑制による色素沈着抑制作用が認められています (文献8:2008)。 個人的には、上出来な語呂で、これですぐに憶えることができました。 治頭瘡一方(ヂヅソウイッポウ)• 本来の呼び名は神農本草経に書かれている「キュウキュウ」が本来の呼び名です。 生薬のほとんどは「日本薬局方」に薬として載せられているので、医師が保険のきく薬として処方する場合もあります。 血行促進作用 とされており、それぞれを個別抽出したエキスよりも同時抽出したエキスの相乗効果で高い血行促進作用を示すもので、入浴剤をはじめ化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合は混合植物エキスOG-2であると推測することができます (文献7:2015)。

Next

川きゅう(センキュウ):漢方薬、生薬の通信販売

「オウジ」は、「ジオウ(地黄)」に当たるわけですが、これは、「ジ・オウ」の頭文字「ジ」を、後ろに持っていって「オウ・ジ」としたものです。 SCFは肝細胞増殖因子であり、メラニン生合成のメカニズムでは情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)のひとつとして知られており、メラノサイトに存在するSCFの受容体であるc-kitレセプターに輸送され結合されることにより、肥満細胞が遊走、分化・増殖し、アトピー性皮膚炎が引き起こされたり、メラニン合成が活性化することが明らかになっています (文献9:1996)。 しかし、現在ではほとんど北海道です。 。 センキュウ(川きゅう)のむくみに関わる作用 冷え症対策など血の巡りを促す作用があるため、血の巡りが影響するむくみの症状を改善させることを目的とした漢方薬に配合されています。 日本産に大葉と小葉の2種があり,大葉のものは香気がなく,普通は薬用にはしない。

Next

生薬特集 「セリ科」

一般用漢方製剤294処方のうち、 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、四物湯(しもつとう)など56処方に配合されています。 [配合されている漢方薬] 川芎茶調散、疎経活血湯、駆風解毒湯など 川芎 (センキュウ) センキュウの根茎を湯通ししたもの。 高岡 治,池 承哲,石丸 克也 [他],李 鍵雨,鄭 寛植, Amal Biswas,滝井 健二• 葉は互生し2~3回羽状複葉、秋に複散形花序を頂生し、径約6mmの白色小花を多数付けますが、染色体不対合のため結実はしません。 (濃度:0. 川キュウの仲間は高山植物の「深山川きゅう(ミヤマセンキュウ)」、「白根川きゅう(シラネセンキュウ)」、 「大葉川きゅう(オオバセンキュウ)」などが川キュウの仲間ですが、薬用としては使用されません。 五物解毒散(ゴモツゲドクサン)• 以下の毛髪の構造図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、 毛根の根元にある毛球部の毛母にあって新しい毛髪をつくりだす細胞を毛母細胞といいますが、毛母細胞は毛髪の発生と成長をつかさどる毛乳頭からの指令で盛んに細胞分裂を行い、分裂した2個のうちひとつは毛母に留まって次の分裂に備え、もうひとつは毛髪の細胞となって角化していき、次々に分裂してできる新しい細胞によって表面に押し上げられ毛髪を形成します (文献6:2002)。 真(しん)・・・日本産の生薬で中国産と同等または近似の生薬を指す。

Next

【漢方薬】補中益気湯と十全大補湯の違い【生薬比較】

七物降下湯(シチモツコウカトウ)• 他にも胃腸障害も報告されているため、胃腸が弱い方は服用に注意が必要です。 薬効、服用方法 センキュウは日本薬局方によると、主として漢方処方用薬であり、婦人病、冷え性用薬、皮膚疾患用薬、消炎排膿薬と みなされる処方及びその他の処方に配合されている。 Related Links• 酸(酸味)すっぱい。 。 眼刺激性について 詳細な試験データはみあたらず、 データ不足のため詳細は不明です。

Next