logo

コロナ 台湾 対応。 台湾のコロナ対策を賞賛する、日本の人たちに知ってほしいこと(李 琴峰)

台湾のコロナ対策を賞賛する、日本の人たちに知ってほしいこと(李 琴峰)

その後、台湾の国立アカデミーに相当する「中央研究院」の副院長のポストにあったが、2016年の蔡政権誕生時に副総統に就任している。 台湾人が心配している 先日、日台両国の人々が参加するフェイスブックの交流コミュニティーで、台湾人から日本の新型コロナ防疫体制に「日本政府の反応は遅すぎる」「中国人観光客をもっと早く制限すべきだった」「もっと厳しく隔離すべきだ」といった疑問が呈された。 当局者は「情報に透明性があり、住民に十分な医学的知識がある場合にのみ、彼らが抱く恐怖心を減じることができる」と話した。 韓国 2000人以上• 現地の大学に招かれて今年2月から台湾に滞在し、政府の封じ込め対策を目の当たりにしてきた北森武彦・東京大学特任教授に聞いた。 1月20日には、陳時中衛生福利部長(衛生相)が率いる中央感染症指揮センターが立ち上げられた。 なぜなら、人命に直結する問題だからである。 マスクの輸出禁止 2020年1月24日、台湾政府がマスクの輸出を制限する措置を打ち出しました。

Next

コロナ対応 台湾と日本の「違い」とは?

日本 210人(クルーズ船の陽性反応者705人を除く)• 2003~2005年には、陳水扁・民進党政権で衛生署長(衛生相)を務め、SARSの流行に直面。 台湾でマスク不足が叫ばれていた旧正月前は、日本から大量にマスクを持ち込む人の姿がニュースで流れたが、もう少し経てば、今度は台湾から日本へマスクが売られていく事態になるかもしれない。 経済部(経済省)によれば、1日最大420万枚まで生産可能になった。 ドアノブや電車のつり革、エレベーターの押しボタンには十分に注意し、手洗いなどをしていない状態では目・鼻・口などの粘膜に触れないようにしましょう。 まとめ 今回は新型コロナウイルスにおける世界各国の政府が行う対応と新型コロナウイルス対策などを説明しました。

Next

台湾と日本、新型コロナ問題の対応をめぐり、民間交流にすきま風が吹いた理由

健康な皆さんは常時着用しなくてもいいのです」 蔡総統「体温を測り、手を洗い、人が多く密閉されたところには行かない。 2月下旬に補償や支援策がないまま唐突にイベント中止要請と一斉休校要請を出すも、3月中旬までは「五輪やります!」と突っ走る。 さらに台湾政府は、健康保険証のシステムを利用し「マスク購入の実名制」を導入。 台湾はこれからもアイデアを武器に連帯とハイレベルでの協力を忘れず、地球規模の問題に貢献していくことを目指しているのです。 「LINE」でマスクの情報を発信 まず、台湾の新型コロナウイルス問題への対応が成功している第一の功臣といえば、陳建仁副総統を挙げるべきだろう。 例えばインターネット文化は、大まかな合意と実行コードによって成立しています。

Next

台湾と日本、新型コロナ問題の対応をめぐり、民間交流にすきま風が吹いた理由

国内の経済活動もほぼ元通りに戻った。 当局はスマートフォンを配布し、位置情報を共有して行動を監視する。 しかし、台湾ではすでに学校の 休校は原則終了しています。 リベラルになればなるほど、影響を受けやすくなっていきます。 より早く、公平で、楽しい方法と言えます。

Next

新型コロナウイルスの台湾の対応を見習いたい!日本の対応との差はこれ!

上智大学新聞学科卒。 中国は最初に新型コロナが発生した国であるが、このウイルスの感染力、致死率などは全て、世界中の国々が感染対応に関する根拠として、中国の提供するデータに基づいて判断してきた。 2月6日からはマスクの購入を実名制とし、7日間に1人2枚しか入手できないようにした。 国民から見れば突然の発表だった。 又、企業が有給休暇の取得を拒否した場合、法律にのっとって処罰することも表明しました。 いまの日本の状況は第二波というよりも、第一波が収まらないうちに感染対策を緩めたことで元に戻ってしまったと見える。

Next

【コロナウイルス】コロナ対応に成功した国の共通点とは?【台湾・韓国・ドイツ】

日本を含む世界各地で新型コロナウイルスの感染者数が過去最多を記録する中、累計の感染者数を500人未満に抑え、感染拡大の封じ込めに世界で最も成功していると評価の高い台湾。 感染が広がって世界が苦しむ中でも、友情は困難の克服を助けてくれるだろう。 武漢市の海鮮卸売市場での新型コロナウイルスによる感染爆発が起きた後だった。 蔡英文政権下で中台関係がこう着するなかでも、台湾当局は1月12日、中国当局に、本土に向かう専門家チームの派遣を求め、それが実現した。 蔡総統が下した大局的な判断 SARSのときも、今回の新型コロナウイルスも、ウイルスは中国から台湾に渡ってくる。 24日には、日本などからの渡航者に対して14日間の「自主健康管理」を求める措置を打ち出した。 ただ、このウイルスの感染力はあまりに強いので、感染者が多くなりすぎると医療崩壊を起こしてしまうので、台湾人は本当に大丈夫だろうかと自問したくなるのだ。

Next

新型コロナ対策、日本と明暗をわけた台湾の「民主主義と共感力」 ジャーナリスト・野嶋剛氏に聞く

。 対策本部を設置したのは1月末だが、会合は15分程度で終わり、専門家会議がやっと設置されたのが2月中旬だった。 当初は国内外から厳しい批判がありました。 管理人として日台関係はずっと良好でいてほしい」と呼びかけて事態を収めた。 選挙では圧勝した蔡英文・民進党政権でしたが、危機感をもって対応を続けたのです」と、指摘する。 一方で、〝台湾屋〟としての使命感もありました(野嶋さんは朝日新聞記者時代に台北支局長を務めた)。 この問いに答えるには、7つの異なる分野の知識を学ばなければならず、それらの異なる分野から自分の分野を作り上げることに他なりません。

Next

【コロナウイルス】コロナ対応に成功した国の共通点とは?【台湾・韓国・ドイツ】

気候変動ですら価値観の統一ができなかった我々にとって、非常に貴重な機会なのです。 その後、買い占めや転売を防ぐため、台湾国内で製造されたマスクはすべて政府が買い取ったうえで「記名制」によるマスク販売を行った。 こうして誰もが信頼できる形で公平な配給政策を実現しましたが、その一方でパニック買いなど、噂による行動は防ぐ必要があります。 台湾から中国(マカオ・香港を除く)への団体旅行についても、1月25日午前0時から1月31日まで控えるよう指示した。 その成果として、台湾は感染者数・死者数とも世界最低レベルにとどまり、マスク不足の状況も起きていない。

Next