logo

リード ソロモン 符号。 リード・ソロモン符号とは

[B! 誤り訂正] リード・ソロモン符号

SSRS符号の効率的な符号化法については活発に議論されているが,SSRS符号の復号についてはこれまでほとんど議論されていない. iPentecGalois. これで、エラーに関するはじめの詳細「エラーの個数」を知ることができました!!! なんだか感動しているのは私だけでしょうか? 次は、何番目にエラーが発生しているのかを知るために「エラーの位置」について詳しく見ていきましょう!. これってどこかでみたことありません?そう、ちょっと前に出てきた「ヴァンデルモンド行列」ですね。 日常の言葉を「エンコード」して「コード 符号 」に置き換え、「コード 符号 」を「デコード」して日常の言葉に戻す• By computer simulation, it is also shown that SSRS codes have better bit error rate than BCH codes as code length becomes longer. 一つのシンボル内のビットがどれだけ誤りを含んでいても全体としては「1シンボルの誤り」と見なされるため特に連続して起こるビット誤り(バースト誤り)に強いという特性がある。 「単語」を「符号化」したものに、適当な「1」や「0」を後ろにつけると「最小距離」が大きい「エラー訂正機能付符号」になる• 例えばガロア体GF(5)は、整数を5で除算した余りの集合であり、0,1,2,3,4の5つの元で構成される。 このときその根の逆元が誤りのある位置である。 これは、図2-1のように考えると分かりやすい。 株式会社シグリードでは、そのを提供している。 「行列」の特徴を表している「数字」を「行列式」と呼ぶ。

Next

[B! 誤り訂正] リード・ソロモン符号

「QRコード」は「リード・ソロモン符号」と呼ばれる方法で「エラー訂正機能付符号」を作る• ただし3ビット以上の誤りがある場合は検出すらできないようです。 特徴として符号の生成方法にガロア体()の概念を使用している。 ある「行 もしくは列 」を「定数倍」した「行列」の「行列式」は、「定数倍」する前の「行列」の「行列式」に定数をかけたものと同じ• 御質問にありました以下の値は生成された冗長シンボルです。 QRコードはバージョンが1〜40まである。 符号化されたデータの10のシンボルのうち3つまでは値が変わっていても元のデータに復元できます。 なぜなら、ベクトル0010と1000は、符号語0000と1010の両方からの距離が1となるからである。 ビタビ復号とは異なり、逐次復号は最尤法は用いないが、計算量は拘束長に対して若干増大するだけで、強力な長い拘束長の符号を利用可能とする。

Next

リード・ソロモン符号でエラーの個数を求めよう!その2

[ 0001 1011 0110 1001 1110 1100 0110 0010 0110 0110 ] このように元のデータに冗長シンボルを加えたデータ列となります。 畳み込みエンコーダは、離散である。 入力ビットの値によって、次の状態は "01" か "11" になる。 実際に符号化された列は、この図での経路で示される。 一内のがどれだ• 第1章 誤り訂正符号の原理 誤り訂正符号は、送信する情報に冗長を持たせることにより、伝送路で発生する誤りを訂正する技術である。

Next

標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式

再帰的符号は常に系統的であり、逆に非再帰的符号は非系統的であることが多い。 「エラー訂正機能付符号」を作る際は「符号」に「行列 生成行列 」を掛け算する。 誤りの検出、シンドロームの算出• そして以下の条件に合わせてNとKを決定します。 これらの点を受信すると、復号器は、誤りが発生していないと判断する。 いよいよ、エラーの個数を求める方法の解説です。

Next

誤り訂正符号

このときの状態を "10" で表す。 【式2-3】 式2-3より、1個の誤りを訂正するためには、最小距離が3以上でなければならない。 当然なりません。 これについて考えてみます。 リードソロモン符号は、任意のビット数を1シンボルと考えて符号を構成することができる。

Next

[B! 誤り訂正] リード・ソロモン符号

この特徴を使って、左辺の「行列の掛け算の行列式」を「行列式の掛け算」に変えてしまいましょう。 QRコードの「エンコード」方式は「数字モード」「英数字モード」「漢字モード」「8bitモード」の4種類• 「行列式」は「余因子展開」を使うと、1サイズ小さい「行列」の「行列式」の「足し算」に展開することができる• Choose the design that fits your site. 保証したいブロック誤り率を達成可能な最小の訂正シンボル数を選択することにより、最小の回路規模で所望の性能を得ることができる。 このとき K 個のシンボルが実際に送る情報、残りの N-K 個のシンボルが後述する符号化で生成される冗長シンボルである。 図1のエンコーダについてのトレリス図 全ての可能な遷移は右図で示される。 リードソロモン符号とBCH符号による誤り訂正をサポートします• そして、対角行列の行列式を計算する際、1列目から要素を選ぶ際に1行目以外を選ぶと「0」になってしまい、掛け算の結果も必ず「0」になります。 インパルス応答、伝達関数、拘束長 [ ] 畳み込みエンコーダが「畳み込み」と呼ばれるのは、入力ストリームに対してエンコーダの「」による「畳み込み」を行うからである。

Next

オープンソースのQRコードライブラリ開発プロジェクト

もともと受け取った情報(多項式に)この補正数値を対応した次数の係数とした補正多項式を足し合わせ、 エラーを訂正します。 において次に掲げるx及びyの値を有する赤、緑及び青を三原色とし、かつ、ガンマの値を2. 白黒の四角を使うのは、コンピュータにわかりやすくさせるため• 「逆行列」は「正方行列」かつ「行列式」の値が「0」でない「行列」だけに存在する• 誤りの数を検出した後は誤りの位置を検出する。 これです。 これは、エンコーダの出力の一部ビットを削除することでなされる。 誤りの値を検出• 1つ目のやつは以前見た「ヴァンデルモンド行列」の行と列を入れ替えたものですが、行で計算しても、列で計算しても行列式の値は同じという特徴を考えると、行列式を計算する上ではヴァンデルモンド行列と同じように扱えます 「ヴァンデルモンド行列」ということは、その行列の要素に同じものがなければ必ず「0」にはならないという特徴を持っていましたよね。 リード・ソロモン符号の解き方は、「01. しかしこれはQRコード専用のようで、上記のやりたいことをやることはできませんでした。 このとき K 個のシンボルが実際に送る情報、残りの N-K 個のシンボルが後述する符号化で生成される冗長シンボルである。

Next