logo

セイタカアワダチ ソウ ヒゲナガ アブラムシ。 アブラムシ図鑑

セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ

このアブラムシは名前にもついている通りで、ソラマメなどによってくるアブラムシです。 入居前 2月末 に雑草整理したはずなのに、もうジャングルです。 薬草風呂にも使われる。 まぁあいつの顔をじっくり見たことはないので(小さくて判らんという話も)あんまりはっきりしたことは言えないんですが。 逆に、リンが少ない土地、強酸性の土地、乾燥した土地では弱く、競合する多年生草本に負けてしまう。

Next

[B! 虚構新聞] セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ、秋の季語に

テントウムシの幼虫はアブラムシを食べるので(体液を吸う)食べ物探しに寄ってきたのかもしれません。 ヒゲナガというのは触角が長いことに由来してるんでしょう。 セイタカアワダチソウもキク科の植物なので、たぶんこいつだろうと思ったわけです。 散布器があれば効率よく撒けますが、無ければジョウロでも可。 触角、角状管、腿節後半以降は黒色です。

Next

セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ、秋の季語に

ほぼ間違いなくセイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシでしょうとの事ですので、和名や学名など書き換えておきます。 葉は茎に沿って多数が密生して付き、披針形で先端は伸びて尖り、長さ6-13センチメートル、幅1-2センチメートル。 クサカゲロウの成虫は何度か見たことがあるんですが、幼虫は知らなかったわ。 セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシは、セイタカアワダチソウにしか寄生しないみたいです。 榎本敬, 中川恭二郎、「」 『雑草研究』 1977年 22巻 4号 p. 葉裏の葉脈に針を刺して汁を吸い、症状は白斑症状が発生したのち、黄化、褐変する。

Next

アブラムシには赤や緑などのものがいる!?

もしや一番長い名前の昆虫ではとネット検索。 ただし、乾燥した場所ではセイタカアワダチソウがすぐにススキに抑えられるのに対し、湿った場所ではセイタカアワダチソウのが長く保たれる。 似てるのはその長くて細くて茎に突き刺す口吻くらいのような気もしました。 0-7. 11月頃まで開花している。 412• 南側のリビングに面した庭はともかく、東側にの小さな庭に困っています。 外部リンク [ ]• アブラムシはかなりのスピードで繁殖するので、注意が必要です。

Next

身近な昆虫図鑑:セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシの成虫

は北米からの侵入害虫で、1991年に日本への帰化が確認された。 本種はセイタカアワダチソウしか食害せず、また、セイタカアワダチソウを食害するアブラムシは本種のみである。 逆にセイタカアワダチソウの方も、寄生されるアブラムシはセイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシだけみたいです。 アブラムシには赤や緑のものがいるの? アブラムシの種類は非常に多いと言われています。 庭は欲しかったのですが、石を愛でる風流さは持ち合わせていません。 散布後、1週間ほどで葉が黄色くなり始め、2週間ほどで枯れます。

Next

渋谷セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ

[和名・種類] セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ [学名] Uroleucon nigrotuberculatum [英名] - [名前の由来] 背高泡立草髭長油虫。 つまり主軸が上に伸びるのに対し、多数の花をつけた横枝が水平に近い方向へ伸びる。 日本全国で見かけることが出来るアブラムシです。 多発生時には本種の排せつ物による汚れやすす病なども発生し、最悪の場合は落葉や枯死に至ることもある。 セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ 公開:2002年8月18日 更新:2003年11月6日 正当な引用の範囲を越える(生物写真画像 のみあり)。 体は全身が鮮やかな赤色で、体表には薄くワックス質で覆われています。 。

Next

[B! 虚構新聞] セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ、秋の季語に

250• を有する()。 英語ではカナダ・ゴールデンロッド(Canada Goldenrod)、カナディアン・ゴールデンロッド(Canadian Goldenrod)、レイト・ゴールデンロッド(Late Goldenrod)、トール・ゴールデンロッド(Tall Goldenrod、ただしこの語は「ジャイアント・ゴールデンロッド」ことのことを指すこともある)、などと言う。 とても長い名前を持つ昆虫の一種です。 つまり、戦後の日本でや大型機械が普及し、土壌が富栄養化するなど、人間の活動によって日本の土壌環境が改変されたために、セイタカアワダチソウが蔓延したのではないかと指摘している。 調べるとセイタカアワダチソウにくっついて入って来た外来種のアブラムシで、特に被害はないけどしつこいらしいです。

Next