logo

無印 良品 給水。 無印良品の給水サービスって知ってる?自分で詰める「水ボトル」

無印良品が「水道水」の給水サービス その狙いとは

関東一都三県が多めです。 サービス開始の背景ですが、実はとても深いワケがあります。 以下の記事も合わせて参考にしてみて下さい。 沖縄、宮崎熊本長崎、四国、鳥取島根、奈良、福井石川富山、山形岩手秋田青森、北海道 の無印良品にはまだなし(2020年8月9日現在)。 ちょっと持っていく(買うのがもったいないし飲み切れないと重い)• ちなみに、専用のボトルも販売されており、無印でボトルを購入&再利用で使う人もいらっしゃいます。

Next

無印良品の「水ボトル」って知ってる? お店で無料給水できるからいつでも持ち歩こう~

無印良品に設置された給水機での利用はもちろん、自宅やオフィスでも気軽に利用できるボトルです。 持続可能な開発目標(SDGs)への意識が高まる中、利用者の利便性だけにはとどまらないこうした取り組みは、多くの消費者に支持されるかもしれない。 キメの細かい粉末なので お茶粉末を入れたグラスに300mlの冷水を注ぐとサッと溶け出します。 無印良品給水機の水の量 水ソムリエとかオーガニック主義とかまったくないフネの感想ですが、お水はとても美味しかったんです。 給水機が設置された店舗を訪問した人は、持参したマイボトルに、自由に水(水道水)を補給することができます。 「自分で詰める水」という名の、この給水サービスでは、一部の無印良品の店舗に給水器を設置。 ウォーターサーバーを設置するのも悪くはないと思います。

Next

無印良品にIKEA。街中に増える「無料給水スポット」とは?

無印良品店内で、無料給水サービスがスタート! 日用品やインテリア、衣類や食品など、無駄のないすっきりとしたデザインが幅広い層に人気の無印良品。 無印良品のティーバッグタイプの黒豆茶を飲んだ事がありますが、ほぼ同じ味でした。 もちろんアプリを利用せずに給水することも可能ですが、水を飲むというシンプルな行動が、環境問題という壮大なテーマにつながっていると実感できるので、筆者はとても意味のある取り組みだと感じました。 【無印のボトルは軽くて飲みきりやすい】 この後「自分で詰める水のボトル」を持ち歩きましたが、 普通のステンレスのボトルに比べて軽いです。 長期間使う用には作られていないとのこと、定期的に買い替えて。 皆さんもこの機会にぜひ「マイボトル」を持ち歩いて、無印良品の給水スポットを利用されてみてはいかがでしょうか? また、本サイトでは人生の質を上げてくれたアイテムを紹介しています。 熱中症予防に持っておく(ガマンは命取り)• 店内に給水機を導入し、マイボトルを持参する利用者が増えることで、環境や健康について考えるきっかけになることを目指すという。

Next

【速報】無印の給水サービス

無料の給水スポットの「地図」 これらのアプリ・サイトでは、 無料の給水スポットを「地図」にしているところも多いんです。 毎回ミネラルたっぷり水を飲まなくてもいいでしょう。 例えば、「リフィルジャパン」では、無料給水をしている街中の喫茶店も掲載。 常温か冷水か選べるみたい マイボトルに、とあるように別に無印のボトルを買わなくても自分の持っている水筒なんかにも使えるようです。 公共施設など都内約700カ所以上が掲載予定。 すぐに使いたい人にもちゃんと配慮されていて感激。

Next

これは便利!無印良品で始まった「無料給水サービス」を利用してみた!

無印良品の給水サービスは、7月1日にスタート。 多少残るダマをストローやマドラーで混ぜると完成です!(マグボトルの場合は振ったら完成) 黒豆茶もルイボスティーと同じく1. マイボトルを持っていくと、無料で水を入れてもらえる。 まずは 常温か冷水かを選びます。 給水機の上には、給水方法の説明書きがありました。 「幅広い年齢層に使ってもらうことを考慮して、素材を軽量化してキャップが開けやすい径を採用した」と商品を開発した良品計画 生活雑貨部の松木寿子氏は説明する。 体を冷やしたくないときに常温を選べるので、かなり嬉しい心づかいです。

Next

無印良品がオアシスになった。プラスチックごみ削減に向け、給水サービス開始

【給水サービスの使い方】 マイボトルを用意。 給水機設置とともに、独自に開発した「水アプリ」の提供も開始した。 朝は自宅で飲み物を入れて持っていき、お昼休みや仕事帰りに無印良品の店舗に立ち寄って給水する…… 環境や健康について考えたエコなライフスタイルといえますね。 ちょっと様子が違うんです。 AM954kHz、FM90. 5MHz、PCやスマートフォンはでも。 災害が起こった時に断水した場合の給水ポイントも検索できたらとか無茶だろうけど…というかプラごみ削減と目的が違うしな…。

Next