logo

静岡 名産。 【楽天市場】静岡名産:さすぼし蒲鉾 楽天市場店

静岡市の主な農産物

3,000円(税込)未満の場合、送料はご負担ください。 温暖な気候の大地で育った「お茶」をはじめ、「みかん」、「メロン」、「いちご」などの美味がもりだくさん。 おでんの具としてだけでなく、炙って醤油をかけたり、フライにしてソースを掛けたりといった楽しみ方もできますが、そのまま食べてもOK。 葉ショウガ 静岡市久能地区では、温暖な気候と豊富な日照時間を活かし、石垣いちごと並んで葉しょうがの生産量が多い地域です。 もっというと、 1962年のシラス大不漁が原因です。

Next

静岡県【バイ・シズオカ「がんばろう!静岡」】

実は愛知県全体の生産量のうち、約8割は西尾市一色町という自治体が担っています。 いちじく[無花果] 現在、静岡県内で栽培されているイチジクのほとんどが、アメリカから1909年に広島県に導入された「桝井ドーフィン」と いう品種です。 テレビなどでよく聞く「うなぎが獲れない」というニュースをデータが裏付けています。 藤枝茶・「」・・・志多梨・• ・曽我漬・おかのりそば・・朝霧牛乳• 伊豆、駿河湾、遠州灘、浜名湖で捕れる海の幸。 静岡県ブランド「特選和牛静岡そだち」認定農場と、平成17年に、安倍・藁科川流域の山里で育つ静岡市独自のブランド牛「するが牛」を飼育している農場があります。 白、赤、緑と色彩は目にも鮮やか。

Next

静岡のお土産12選!静岡駅で買えるおすすめお菓子&雑貨 [静岡の観光・旅行] All About

<DATE> 商品名:治一郎のバームクーヘン 製造元:治一郎 価格:高さ4cm 1296円、高さ8cm 1944円(いずれも税込) 販売店:静岡パルコB1F 5. (なお情報は記事掲載時点のものです。 ・・・・• ベストな環境で、さまざまな品種のイチゴを楽しめます。 静岡県内ではTVCMも放送されていて、県民なら誰もが知っている銘菓です。 南部は太平洋に面していることから冬でも温暖。 静岡県の市町村 静岡県の特産品• わさびは栄養価が高く、食欲 増進・抗菌性というような効能を持つ健康的な食品として注目されています。 ・・・富士芝・やまと芋・すそのポーク・すそのブランド「すやまうどん」「かつ栄バーガー」「モロヘイヤ塩羊かん」• 生産者様が愛情を込めて大切に育ててくださった静岡県産わさびの魅力を、余すことなく商品化するためのこだわりの製造方法は、開発当初から現在に至るまで変わることなく受け継がれています。 独特の歯ごたえは食べる人を引き付けます。

Next

静岡のお土産12選!静岡駅で買えるおすすめお菓子&雑貨 [静岡の観光・旅行] All About

熱海の日帰り温泉 伊豆の日帰り温泉 静岡県のお土産の特徴 静岡県のお土産は、温かい気候を活かして栽培されるお茶や、海や浜名湖の豊かな恵みなどを使用したものが有名です。 静岡県のご当地グルメ、あなたはいくつ思い浮かびますか?静岡県には、地元の特徴を活かした美味しい限定グルメがたくさん存在しているんです。 さんさんと降りそそぐ陽光は、ミカン栽培に適しています。 管内では比較的山間地で栽培されており、寒暖の差があることから味・風味・粘りが強いのが特徴です。 また、沖縄県への発送の場合、送料として別途500円 税込 を頂戴いたします。 田方郡〔たがたぐん〕• 島田茶・・木工品・「」「若竹鬼ころし」・金谷茶・・・大井川葛布・しずおかコーラ• スルガエレガント 静岡特産に「スルガエレガント」があります。 1年中出回る水煮のたけのことは味も香りも格段の違いがあります。

Next

がんばろう!静岡

その時、静岡市の有 東木にも指導にこられ、現在では井川、大河内など山間地を中心に栽培され、生しいたけ、乾しいたけとして出荷されています。 <DATE> 商品名:ウス茶糖 製造元:竹茗堂 価格:300g540円、スティックタイプ5本入270円(税込) 販売店:駿府楽市 4. 販促活動にも積極的に取り組み、ジャム等の加工品の開発も行っています。 静岡のみかんは、栽培面積、生産量とも全国第3位です。 (商品は必ず保管いただきますようお願いいたします。 辛みをおさえた味わいは、食欲が減退しがちなこの時期にうれしいもの。

Next

静岡県【バイ・シズオカ「がんばろう!静岡」】

黒はんぺんはアジやサバ、イワシなどの青魚を使った練り製品で、皮や血合い、小骨などをすりつぶしてはんぺんにするため、黒い色のはんぺんになります。 この静岡県産わさびの中でも特に新鮮な茎・葉・根をすべて使い、味付けのための仕込み水には伊豆の名水として名高い「天城深層水・健」を使用してお醤油漬にすることで、豊かな風味と爽やかな食感を実現しました。 そんな養殖が日本で最も盛んなのが、鹿児島県です。 こうしてうなぎ生産量を大きく伸ばしたのが、鹿児島県であり宮崎県だったのです。 さがら茶・・・・・・・牧之原茶・ハイナンガーベラ・いも切干・砂ワカメ・• 静岡土産といえば、定番のお菓子がこちら 昭和36年の発売以来、静岡といえばこのお土産といった代名詞的な銘菓。

Next