logo

肩こり に 効く 漢方薬。 「首こり・肩こり」に効く漢方

肩こりと漢方薬 『まとめ』

大柴胡湯(だいさいことう)• それから薬剤師がいるいないと漢方が判るかどうかは全く別問題です。 虫歯: 噛み合わせが悪くなると妙な力が肩にかかる その中でも、漢方薬で効果アリは 血行が悪い・血が少ない・ストレスの3つの重要な肩こりです。 肩こりに効く筋弛緩剤は? 筋肉を弛緩させることで肩や首のこりや痛みを緩和する効果のある市販薬を紹介します。 ただし「独活葛根湯」には、効能にかぜの記載はありません。 桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)• そして水の代謝も悪くなり経絡を滞らせ肩こりの原因となります。

Next

【症状別】自律神経に効果のある漢方薬15選

風邪をひくとウィルスや菌に対して免疫機能が働きサイトカインという物質が体内で作られます。 ドルチェ顆粒 芍薬甘草湯 (阪本漢法製薬) 「芍薬甘草湯」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア> 肝の陰血不足により、肝が調整している筋を滋養できずにけいれんが起こるので、肝の陰血を補うことで、肝の機能を正常にし、痛みを緩和します。 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)• こうなると、マッサージや湿布薬で肩こりをほぐしても、僧帽筋などは形状記憶合金のように次第に元の緊張した状態に戻り、翌日には元の木阿弥(もくあみ)、また肩が凝っている状態になります。 柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)• 胸脇苦満のあるもの、または気滞によるものは、柴胡剤が中心になる。 大柴胡湯(だいさいことう)• 「漢方で肩こりが治るの?」と言われることが多いのですが、漢方には古来より肩こりに対する様々な治療法が存在します。 大柴胡湯(だいさいことう)• どれも同じ効果があるわけではないので、見当違いの漢方を使っても肩こりが解消するわけがありません。 上記のことから、漢方薬においては、その人の体質、体格や性格、持病など、あらゆる面からその人の身体全体を見て、体調を整えて、根本的な体質を改善していくという考え方に基づいて処方されます。

Next

肩こりによく効く漢方薬はない?オススメの方法は?漢方医の実感を解説

47 釣藤散(ちょうとうさん) 体力は少しあります。 筋肉は緊張し続けると疲労物質が溜って硬くなり、それが血管を圧迫して血液の循環が悪くなったり末梢神経を圧迫することで凝りや痛みが起こったりすると考えられているのです。 瘀血や気鬱を改善すること、つまり体の中から健康にすることで、肩こりを解消しようというわけですね。 こちらも 血行が滞った「 瘀血(おけつ)」と呼ばれる状態を改善して、血行を良くするはたらきがあるとされる処方です。 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)• ほかにも、「 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」や「 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」など、肩こりの効能をもつものはいくつかあります。 で、気がたりないとか水がたりないとか判断して、合う漢方を処方してくれます。

Next

肩こりに漢方薬は効く?適した漢方とその効能を解説

市販薬と病院の薬を比較した場合、病院の薬のほうが、成分が多く含まれているので効果がある。 そのためきちんと注意事項を読んだり、自分の体質に合っているかなどの判断が必要となります。 普段から肩こりや頭痛で悩んでいるかたはぜひ試してみてくださいね。 首を支える主な筋肉は、後頭部から下に広がり、肩甲骨や鎖骨にまで及ぶ僧帽筋(そうぼうきん)です。 そこで、専門の薬剤師さんに、血の巡りが悪いし、冷え性もあるならと、ふほうとうきとう、というものをすすめられました。

Next

肩こりは漢方で改善できる? おすすめ漢方薬7選

肩こりと漢方のまとめ 肩こりは、普段から姿勢を正し、肩を縮めたり猫背のような姿勢にならないように意識することが大事です。 昔からある葛根湯ですので、肩こりでお困りの方は一度ぜひ試してみてはと思います。 桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)• 私も飲んでいるものが、 『葛根湯』 というものです。 その他、冷え、気虚、血虚などが明らかであれば、それらの必要に応じた漢方薬が使われる。 風邪薬がなぜ肩こりに効くのか?という疑問をお持ちになると思いますが、漢方ではそういう考え方はしません。 また、ビタミン剤は肩こりに対してさまざまな効果をもたらします。 飲み薬の副作用 飲み薬の場合は、ビタミン剤などがほとんどになります。

Next

肩こりに効く市販薬

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)• 日本人は欧米人に比べて、頭が大きい割に首から肩の骨格や筋肉が華奢にできているため、肩こりを起こしやすいといわれています。 ちなみに上記の漢方の多くは薬局などでも手にいれることができます。 他にも生理痛や下腹部の痛み、めまい・貧血に効果があるとされています。 ひどい肩こりに効く漢方薬は? 葛根湯といえば、風邪の初期症状に効くという印象が強かったのですが、肩こり、筋肉痛にも用いられるとのことでした。 葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう)• 風邪は当然身体が冷えて抵抗力が弱まっているところにウイルスが入り込んで起きる病気ですし、悪寒がある場合もあります。

Next

肩こりの処方薬と市販薬

四逆散 (しぎゃくさん)• 2.自律神経失調症には漢方薬が有効 この、自律神経失調症のような「なんとなくだるいけど病気ではない」という症状の改善は、漢方薬が有効です。 一つ目は 『冷え』。 ただし、葛根湯には麻黄が含まれるので、高齢者や心疾患のある人、胃腸が弱い人には、麻黄の抜いた処方(桂枝加葛根湯など)を使うべきである。 たかが肩こりと思っていると、こりが痛みに変わり、少しでも動かすと辛いといった状態になりかねません。 不眠症や眼精疲労などを軽減、軽いパニック障害にも効果があります。 よく薬局の風邪薬のコーナーで売っていますが、アレです。

Next

肩こりに漢方薬は効く?適した漢方とその効能を解説

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)• 漢方で肝(かん)といえば五臓六腑の肝のことで、体の諸機能を調節したり筋肉の緊張を制御したりする機能を意味します。 肩こりの症状に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。 また病院でもツムラの漢方を処方されるときもあるので、安心感がありますよね。 やっぱり私には合わない。 ストレスを溜め込んでしまうと、体調不良や身体の老化を招いてしまう原因となるので、早急になんとかしたいですよね。 薬は即効性もありピンポイントで痛みを取ってくれますが、持続性がなく何回も飲まなければいけなくなるため身体に負担を掛けてしまいます。

Next