logo

月経 小屋。 むかしの女性はどうしていたの? vol.3 月経小屋って知ってますか

女性の社会進出を促した一番の功労者は「生理用ナプキン」だった(田中 ひかる)

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 タビ(他火)とは、文字通り火を別にすることです。 その子にとって何より大切なものなのです。 (私は幼児の時、自分のにおいのついた洗ってはいけないタオルと一緒に寝ていました。 産小屋は,タヤ,ヒマヤ,カリヤなどとよばれ,月経小屋を兼ねているものもある。

Next

生理中の少女が家畜小屋に放り込まれる…インドの現状を変える「ガールパワー」とは|ウートピ

月経小屋の慣習が廃止されたことについて、当時の女性たちの「タヤ(月経小屋)におらいでもよくなったのは、神様が往生して罰をあてなくなったのだろう」「はじめのうちは、おとましいようで心がとがめた」といった聞き書きが残されている。 しかし、生理を明るいイメージにすることで、生理痛など生理の大変な面を、かえって語りにくくなっていないでしょうか? むしろ、生理や生理用品が一般化されたことで、生理痛についても語りやすい環境になっているのではないでしょうか。 そこから、女性は一歩下がる者、おしとやかに、それが男性に好かれる女性、という常識の書き換えをし、女性の価値と権力を押し下げ、女性差別を「社会全体に対して」作り出していったのではないか?と思っています。 日本ではじめての生理用ナプキン発売 さて、今では日常的に使用されている生理用ナプキンですが、日本ではじめて生理用ナプキンが発売されたのは1961年のことです。 Microsoftによる世界的キャンペーン「Upgrade Your World」のパートナーNGOにも選ばれた「Girl Power」が展開した同プロジェクトの概要について、代表理事の池内ひろ美さんに話を聞いた。

Next

産屋(うぶや)とは

しかも、刑罰を科された件はないのだとか。 下痢と脱水により死亡• 誕生前~幼年期の仮親には、妊娠中に岩田帯を贈る 帯親 ( おびおや )、出産に立ち会う 取上 ( とりあ )げ 親 ( おや )(いわゆる産婆)、赤ちゃんを最初に抱く抱き親、生後数日間母乳を飲ませる 乳付 ( ちつ )け 親 ( おや )、子どもに名前をつける 名付 ( なづ )け 親 ( おや )、(両親の厄年に生まれた子が)丈夫に育つことを願って、儀式として道に捨てた赤ちゃんを拾いあげる 拾 ( ひろ )い 親 ( おや )、4、5歳になる頃まで子守りをする 守親 ( もりおや )などがあります。 政府が女性たちの月経を管理 江戸時代に入ると、木綿を丁字型に縫い合わせた「丁字帯」が生理用品の主流となった。 混浴が禁止されたのも西洋人の「男女が同じ風呂に入るなんて野蛮だ」という発言からだといわれていますから、明治とは日本の文化が大きく変わっていく時代だったのでしょうね。 別に違法なものではない」「見えない袋に入れるかどうかは、買う側が決めるべきだ」といった声が寄せられた。

Next

海へ捨てられるプラスチック5位「生理用品」を減らすイノベーションとは

繰り返すが、生理用品は海洋プラスチックごみの5位に君臨するアイテムだというのに、である。 引用:AFPBB News「」 月経中の女性が穢れているという考え方は、ヒンドゥー教に限らず世界中の宗教に見られ、月経小屋の慣習も世界各地に存在する。 それに対して、明治時代の女性の初経年齢は現代女性より 2年遅く、閉経年齢は 2歳早かったのです。 昔のひとは、現代人ほど生理がなかった。 それが平安時代になり 男性中心の社会になってくると、「月経は不浄だ」などと言い出し、月経中は朝廷に来てはいけないなどという話になり、だんだんと月経禁忌がつくられていったようです。 生理に対する理解がなく強い偏見のなかで、初潮が始まると学校に通うことができなくなる少女もあります。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について. 子宮や骨盤など女性の体についてはいろいろな神話がありますが、どこまで本当なのかこちらで検証していきたいと思います。

Next

月経小屋の秘密

その背景に「女性の社会進出」がある、と分析する。 明治時代になると、「富国強兵」を目指す政府が、「母体」となる女性たちの月経を管理し始める。 メールもお待ちしています。 ウブヤというほか、オビヤ、オブヤなどともいい、古代には出産にあたって新しく小屋を建てたという。 最近、とくに第二次世界大戦後は産の忌みの観念が急激に衰退したため、産屋を建てる例はもちろん、別棟の産屋の例も聞かれなくなったが、一部の地方には産院という別の観念で残っている所もある。 昔の女性は上記でお話ししたように、生理になった時は「膣の入り口に丸めた紙をフタの様に詰めたり、月経帯を使用」したりしていました。

Next

産屋(うぶや)とは

そんな中、今年の6月に生理用品の国内シェアNo. 出産はめでたいこと,望ましいことであると同時に,日常性とはかけ離れた異常なできごとであり,(うぶや) 産む場所 を設けてそこで出産前後を過ごしたり,特別な空間で出産させ,外部の人間,とくに男性は近づくことをタブーとするなどの習慣が見られる。 Girl Powerが販売しているチャリティ・グッズや、チャリティーパーティーの収益を活動費に充てています。 どうかそんなひどい小屋がひとつもない世の中になりますように。 授乳期間も長い。 その大切にしていることを、認めても、誰も迷惑しないのです。 市販の鎮痛薬が効かず、普段どおりの生活が送れないほどであれば、婦人科を受診し、治療を受けるべきです。 「無理」の思い込みを捨て、脱プラスチックを始めよう プラスチックを含まない生理用品なんて無理だ、とあきらめてしまうのは簡単だ。

Next