logo

猫 と 警備 員 の 攻防。 美術館への侵入を試みる黒猫と警備員さんの攻防を捉えた写真10選

警備員vsクロネコ・・・おなじみ美術館の攻防に変化!?

この日のお別れの挨拶はいつもより長かったそうです。 「ごっちゃん」との別れを惜しんでいたのは、黒猫「ケンちゃん」だけでなく、警備員さんも寂しがっていたようです。 鑑賞後に立ち寄って、ゆっくりとした時間を過ごしたいですね。 正面突破をこころみた黒猫 猫が最初に尾道市立美術館内部への正面突破を図ったのは、2017年3月。 ニュース【Jリーグ 無観客は最終手段】 Jリーグの村井チェアマンは、NPBと設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」後、無観客試合が最終手段である方針を口にした。 猫情報もお届けします。 そして最後に向かったのは、美術館の隣にあるケンちゃんの自宅『プティアノン・レストラン』。

Next

尾道市立美術館の猫と警備員2019年夏!まだまだ続く攻防

ご来館のお客様へ感謝を込めて、また「クロネコVS警備員」の話題へのたくさんの反響を記念して、オリジナルトートバッグを作成しました。 特別展「招き猫亭コレクションー猫まみれ」なので入館を許可したいところですが、作品保全のため、丁重にお帰りいただきました。 そしてケンちゃん宅までごアンニャイされました。 展覧会FBはコチラ: — 尾道市立美術館 bijutsu1 大学卒業制作展という いつもと違う雰囲気の美術館に興味を引かれたのかもしれませんね。 2つのドアをすんなり抜けていきます。 映っているのは、開館前の美術館正面玄関にゆっくりと歩いていく黒猫のケンちゃん。 はじまりは、一昨年(2017年)3月、猫をテーマにした展覧会で彫刻を置いていたら、黒猫のケンちゃんが、展示物である「黒猫の陶器」をすごく気になってみているので、写真を撮ったとのこと。

Next

警備員vsクロネコ・・・おなじみ美術館の攻防に変化!?

尾道は車が入れないだけでなく、人が踏み込めない猫道もたくさんあるのだ。 この時期に美術館で何があったかというと、• スタッフの間では『ゴッちゃんが引き継ぎしたのかな?』なんて話になっているということです。 画像は尾道市立美術館Twitterより• アーカイブ• それでも気配を感じたんですかね」 そう話すのは、動画を撮影した美術館の職員です。 ニューフェイス・キジトラの「クウちゃん」登場! 飼い猫として飼われることになり、お別れすることになった「ケンちゃん」と「ごっちゃん」 そんな中、ニューフェイスが現れました! キジトラの「クウちゃん」です。 玄関口でのバトルが始まったのは約3年前。

Next

「入りたい」「ダメ」 猫と警備員の攻防 尾道市立美術館

「ケンちゃん」とニューフェイス「クウちゃん」 今後の展開も楽しみですね!. 続きをみる まだ続いてたのかこの攻防 ペット飼いたいけどうちのとこペット禁止だからなぁ 最近は孤独感がすごいから癒やしがほしいですね 小さい頃は犬ですがマルチーズを飼っていましたね... 』(H3026)の周辺の猫をご紹介。 例えば、ごはんの時間、その後に窓際でごろり、ふらふらと歩いてどこかをじっと見つめ、帰宅時間に合わせて玄関でお出迎え・・・など。 ニュース【突然の車両引退 ファン原因? 警備員に阻止され、外に連れ出されました。 行って見たいなあ。 ずっと見ていたいニュースです。 猫を飼われている方は感じる事もあるかと思いますが、猫は、1日の時間をおおよそで把握しているらしく、時間単位で毎日同じような行動を採る事が多いです。

Next

猫と警備員の攻防、まもなく再開? いない隙を狙って「準備運動」を開始 侵入未遂を撮影した職員に聞いた

黒猫は美術館の署長さんのように思います。 ネット上では猫好きの方々が様々な意見を交わし合っています。 あかんあかん 不謹慎だけど、これが 20代であればショックなんだが? 今回のコロナウイルスの世界的な広がりの中でいろいろと気付かされることも多い。 久しぶりに現れた黒猫が、警備員のいない隙を狙って侵入を試みる動画がツイッターで話題になっている。 オススメはフレッシュなハーブで淹れたハーブティーやオーガニックコーヒー、ケーキなどのスイーツです。

Next

「入りたい」「ダメ」 猫と警備員の攻防 尾道市立美術館

キジトラちゃんはあんまり顔を見せに来てくれなくて、 茶トラちゃんは昨年5月にやさしい里親さんに連れられ、住み慣れた公園を後にしてしまったとのこと。 「猫と警備員の攻防」のトートバッグは、390枚限定で尾道市立美術館内のショップで販売される。 〇当面、一日の販売数を限定させていただきます。 尾道市立美術館警備員・馬屋原貞雄さん:「(Q. ご紹介、ありがとうございます。 警備員さんと猫の攻防から2年経ち、変化が起こっています。

Next