logo

エピファネイア 産 駒。 エピファネイア産駒の短評まとめ

シンボリクリスエス産駒の特徴

その中に自身のようにクラシック戦線で活躍するような〝真打ち〟も潜んでいる可能性が高い。 5 1:48. すでに美浦トレセンへ入厩し、現在は放牧に出ている。 6 1:21. 3 33. 2代母フレンチバレリーナは非常に安定感があり、未出走の 2歳を除いて、産駒 6頭すべてが勝ち上がっています。 エピファネイアの種付け料の推移と種付け頭数 年度 種付け 頭数 産駒数 種付け料(条件) サイアー ランキング 2020年 満口 — 500万円(受胎確認後) — 2019年 224頭 — 250万円(受胎確認後) 48位 2018年 220頭 — 250万円(受胎確認後) — 2017年 210頭 161頭 250万円(受胎確認後) — 2016年 221頭 — 250万円(受胎確認後) — 繋養地(牧場) 社台スタリオンステーション Hail to Reason 1958 米 |Roberto 1969 愛 ||Kris S. エピファネイア産駒の特徴3. 1 2:01. 0 2 4. 牝馬のボリクリ産駒に、平地での 重賞勝ち馬はいません。 0 7 20. これは大きな強みです。 鈴木智の注目はエピファネイア産駒のスペシャルドラマ(牡=宮田)。

Next

【エピファネイア産駒/測尺から当たり馬を考える】社台・サンデー、G1、2020募集

5 34. 今回、noteブログで書いた有料記事「 【サンデーサラブレッドクラブ2020年募集馬】サンデーサイレンス奇跡の血量/厳選馬」におまけとして、エピファネイア産駒の「真正」のクロスを持つ、この2頭を紹介しておきました。 逆にプラスの馬でも未出走、未勝利、下級条件で低迷する馬もいることは事実です。 この日のテリオスヒメの勝ち上がりでJRA・5頭目の勝利。 血統はアヴェンチュラにかなり劣ると思いますが、 配合的にはこちらのほうが良いと見ています。 2016年 種牡馬として供用開始 主な競争成績 14戦6勝• 「同馬の父のシンボリクリスエス産駒は新馬勝ちよりも未勝利勝ちのほうが多いように、使いながら仕上がっていくイメージ。 牡 2010 鹿毛 6勝 1着 - 菊花賞 G1 、ジャパンC G1 、神戸新聞杯 G2 、ラジオNIKKEI杯 G3 2着 - 皐月賞 G1 、東京優駿 G1 3着 - 産経大阪杯 G2• 以前ほどの注目度はなくなった福島芝1800メートルの新馬戦だが、最近でもノームコア(17年)やマイネルホウオウ(12年)などがデビュー勝ちして、G1馬まで上り詰めている。 調整も順調に進められていますしこのままいけばデビューも早い時期になりそうです。

Next

エピファネイアの種付け料の推移と注目幼駒【種牡馬】|ほどよい競馬

ひとつ問題があるとすれば、 シンボリクリスエスとキングカメハメハの相性の悪さです。 2番仔のアロマティコの2017に関しても好馬体ですし、何よりもかなり順調に調整が進んでいることが素晴らしい点です。 基を同じくしながら別系統として繁栄してきた、いわば 淘汰を勝ち残ってきた血脈が絡みあうというのは、配合におけるひとつのポイントだと思います。 芝・ダート共に安定した走る馬が多い。 エピファネイアの血統と競走成績 【新種牡馬の正体2019=エピファネイア】25日までの時点で7勝と、初年度産駒が好発進しているエピファネイア。 牡 2018 鹿毛• 相棒不在のシーザリオは吉田稔騎手とともに出走し、後方から猛然と追い上げるも、アタマ差届かず2着。 オープンクラスに上がっているのも、牡駒がロールオブサンダー(紫菊賞)1頭のみなのに比べ、牝駒はデアリングタクト(エルフィンS)、スカイグルーヴ(京成杯2着)、シーズンズギフト(若竹賞)の3頭がいます。

Next

【血統編】活躍しているエピファネイア産駒の特徴|牝馬が活躍する種牡馬

サンデーのクロスで柔らかさと切れを増し、サドラーのクロスでパワーを補い、緩さを締める。 現段階では字面だけなので何とも言えませんが、圧倒的に欲しいと思っているのが ディアデラマドレ、次がアヴェンチュラ、その後アンレール、シーズンズベストという順番。 0 10 35. 新、産駒の特徴とは!? 切れるというより持続力があるタイプ。 今年も来年のクラシック戦線をにぎわせる可能性がある素質馬がそろった。 4月下旬に栗東でゲート試験に合格。 中央馬としてはシーディドアラバイの全弟ジャンバティストが上級条件馬というのが最高で、その他の産駒は特に語れる実績をあげていません。 0 1 2. 今週の出走馬 2020年8月8日 5戦1勝 場 R レース名 コース 人 着 馬名 枠 馬 性齢 騎手 斤量 厩舎 コンビ 間隔 前走 前人 前着 札幌 2 芝1800 4 1 1 1 牡2 54. そしてオークス(G1、芝2400メートル)。

Next

種牡馬エピファネイアについてわかってきたこと|(別館)やれなかった・やらなかった・どっちだろう|note

となると近親は三冠馬 ナリタブライアンと年度代表馬 ビワハヤヒデである。 キズナとはライバルのような存在だったエピファネイア。 0 4戦0勝 中5週 12 12 札幌 5 芝1800 2 2 7 7 牡2 54. シーディドアラバイの17 シーディドアラバイの2017 は、アヴェンチュラと同じく母父がジャングルポケット。 牡 2015 鹿毛• 0 9 50. 0 9 27. エピファネイアの血統構成は中距離のバランスタイプとなっていますので、母によって距離適性や馬体が大きく変化することになりそうです。 芝コースでは広々とした左回り、ダートでは小回りが得意です• 『インリアリティ』です。 牝 2017 栗毛 2勝、中央現役• 牡 1999 鹿毛 地方17勝• エピファネイア牝馬は走らないかもしれない ここまできてなんですが、エピファネイアの父シンボリクリスエスの仔は、 牝馬は全く走っていません。 。

Next

種牡馬キズナについてわかってきたこと|(別館)やれなかった・やらなかった・どっちだろう|note

新として進撃し続けていると。 「」「」。 黄金配合とは、特定の 父と母父の組み合わせで、抜群に結果を出しているものをいう。 牡 2000 青鹿毛• ニックスの可能性も考えられますので、これは覚えておきたいところです。 ビアンフェ 函館2歳S-G3• そのためかはわかりませんがパテントリークリアは 優秀な繁殖牝馬で、タイキフォーチュン(NHKマイルC)、タイキリオン(ニュージーランドT)、タイキダイヤ(夕刊フジクリスタルC)などの重賞馬を出しました。

Next

エピファネイアの種牡馬情報

この血をもつキズナ産駒は17頭中7頭が勝ち馬。 産駒 2頭はどちらも未勝利を勝ち上がれず、地方で現役で走っています。 その才能が認められはじめた。 すでに重賞馬も3頭(ビアンフェ、クリスタルブラック、キメラヴェリテ)出しており、上級クラスの実績はキズナに軍配が上がります。 2代母ロココスタイルは父サンデー、母父ノーザンテーストという北米的な血統で、産駒はシーディドアラバイを含めてほとんど走りませんでした。 というと「エピファネイアが平均を引き上げているのではないか?」と思うかもしれませんが、産駒 36 頭で、それぞれ 別の母から 3頭の重賞ウイナーを輩出しているのですから打率自体が違います。

Next