logo

東洋 アルミニウム 株式 会社。 会社四季報2020年3集 夏号

株式会社東洋・ビジネスソリューション

中西金属工業• これはタバコ包装に日本で初めてアルミが採用されたものであり、全量が東海鉛管より納入された。 (平成17年)10月 トーヤルテクノフロンティア株式会社を設立• 現東洋アルミニウム [ ]• 過熱から後退へ p154 1 高度成長下の技術革新 p154 着色印刷箔生産の開始 p154 新製品研究会の発足 p155 第2室戸台風の襲来 p156 アルミニウム・リミテッド社長、駐日カナダ大使相次いで来訪 p156 第4次四段箔圧延機と竜田工場の増設 p157 2 株式の公開 p158 株式の無償交付と額面変更 p158 大阪証券取引所2部上場 p159 3. 旧東洋アルミニウムは東証・大証一部上場していましたが、 1999年に日本軽金属株式会社と合併して解散。 占領政策下の変遷 p87 1 財閥解体と対日賠償 p87 住友本社の解体 p87 小山田裕吉代表取締役に就任 p87 軽金属業界の賠償問題 p89 2 激動下の労務管理 p90 労働組合の結成 p90 生活補給金の支給 p91 3 軍需補償の打ち切り p93 特別経理会社の指定 p93 会社の再建整備計画 p95 4 アルミニウム・リミテッドとの関係復活 p96 5 インフレへの対応 p97 重なる環境の変化 p97 愁眉を開く価格改定 p99 インフレの抑制と統制の廃止 p99 資金繰りの好転 p101 終戦直後の業容 p102 3. 出世は年功序列であるため、優秀で意欲ある若い方には物足りないかもしれません。 東海アルミ箔株式会社『東海アルミ箔100年史 1911-2011』日本経済新聞出版社、2011年9月。 99%高純度箔の開発 p121 JIS規格表示の許可 p121 新用途研究会の発足 p122 4 技術革新へのステップ p123 アルミニウム・ラボラトリーズ社との技術提携 p123 軽金属奨学会の設立 p124 5. しかし、同業他社との競争に加え、ガス管にが使われるようになり、事業の見直しが求められた。

Next

東海アルミ箔

長期借入金は年間売上高の1. 1939年には、将来の業務拡大に備え、に工場用地を取得した。 人事管理と労務政策 p280 1 従業員数 p280 変動の少ない従業員数 p280 新規学卒者の採用 p281 2 人事処遇 p282 身分・年功制の見直し p282 資格制度の導入 p283 職掌の変更 p284 動態的職位組織への指向 p285 管理・専門職位の責任体制確立 p286 3 賃金 p287 複雑な給与体系の改廃と職務給の確立 p287 総合的な賃金体系への取り組み p288 4 期末一時金 p289 年間臨時給与 p289 成果配分 p289 5 労働時間 p291 生産部門の土曜半休制 p291 年間実働時間制への移行 p291 6 定年と退職手当 p292 定年年齢の改訂 p292 退職手当と退職年金 p292 7 労使関係 p293 労働組合 p293 労使関係の基調 p293 3. 【新型コロナウイルスによる当社対策のご案内】 平素より格別のご愛顧を賜わり厚く御礼申し上げます。 高度成長から安定成長へ移行 p238 1 アルミ業界の低迷 p238 資源の壁 p238 深まる構造不況感 p238 2 新たなる技術提携 p240 乾式ボールミル法の導入 p240 アルキャンとの相互技術援助契約 p240 デダストアルミパウダー製法の導入 p241 3 日用品部門の分離独立 p241 激化する販売競争への対応 p241 東洋アルミホイルプロダクツ株式会社の設立 p242 4 アルペースト生産体制の強化 p243 竜田工場周辺の変貌 p243 生産設備の増強と集中化 p244 世界最大のアルペースト工場竣工 p244 立体自動倉庫の完成 p246 2. 新型コロナウイルスの1日も早い収束を心よりお祈り申し上げます。 福利厚生 p304 1 財産形成対策 p304 社内預金制度 p304 財形貯蓄制度 p304 従業員持株制度 p304 持家援助の施策 p305 2 厚生施策 p305 独身寮 p305 診療所 p306 給食施設 p307 体育・文化 p307 健康保険組合 p308 ALCAN ALUMINIUM LIMITEDの概要 p311 1. 7禁令 p55 憂慮される箔輸出 p56 断熱保温材へ進出 p56 コンデンサ箔へ重点志向 p56 2 戦時下の従業員教育 p57 住友精神の高揚 p57 教育訓練のはしり p57 産報活動の展開 p58 3 開戦前の動向 p60 軽金属加工工場の整理統合 p60 地金の公益優先と認定価格 p61 地金国産化へ転換 p61 3. このように、油分を含んだクリームでもスルッと剥がすことのできる新フィルムは、 世界初の大発明と言えるのです!! ちなみに山崎パンとの共同開発のようです。 苫小牧工場 - 〒053-0002 晴海町43-3 東神奈川トーカイプラザ [ ] 旧本社工場跡は、イオン東神奈川店や神奈川公会堂、高層マンションからなる「トーカイプラザ」となっている 富家町の本社工場は前に位置し、三方を・・に囲まれ、東側はに隣接する立地条件から、交通事情の悪化や公害規制により工場の存続は難しくなっていた。 1946年4月に鉛管、1948年11月に用薄箔の生産を再開、1949年6月にはよりタバコ包装用アルミ箔を受注した。

Next

東洋アルミニウム

失敗にも寛容だと思います。 '80年代への布石 p255 1 第2次石油危機の到来 p255 激変する国際環境 p255 数次にわたる地金の高騰 p255 輸入地金の激増 p256 製箔メーカー7社時代に突入 p257 2 近代化への展開 p259 初めて社債を発行 p259 東京サービスセンターの移転 p259 第9次四段箔圧延機の増設 p260 オンラインの開設 p262 日野住宅工業団地の工場用地取得 p264 50年代における技術開発 p265 3 新世紀へ挑戦する経営基盤の確立 p267 アルキャンの取締役一行の来訪 p267 黒瀬社長の就任 p268 東洋アルミ・グループの拡大と充実 p269 創業50周年を迎える p271 安定成長期の業容 p273 付編 p275 組織・人事・労務の側面から見た経営管理 p275 1. アルコアの日本進出 p11 1 幻の東洋アルミナム株式会社 p11 2 亜細亜アルミナム株式会社の設立 p13 3 住友電線製造所との技術提携 p14 4 資本提携事業に住友台頭 p15 5 技術提携による板工場の建設 p17 4. 教育訓練 p295 1 新入社員訓練 p295 係員訓練 p295 女子事務員訓練 p296 生産系列訓練 p296 2 一般社員訓練 p296 中堅社員訓練 p296 新任副主任および新任主任訓練 p297 TWI訓練 p297 MTP訓練 p297 F研 p297 3 社外研修 p299 C. 1921年にはよりタバコ包装用の錫箔を受注している。 恐慌から非常時へ p32 1 昭和恐慌下の創業 p32 2 不況脱出とアルミ板の動向 p32 3 器物加工メーカーとの連携強化 p33 4 アルミ板の用途開発 p34 5 室戸台風、板工場を直撃 p35 3. (平成11年)• 東洋アルミニウムの新開発フィルムの実力は!? がっちりマンデーの番組内では、 ケーキの側面に貼るフィルムとして紹介されていました。 若手のモチベーションを上げるためにも、若くて優秀な人材を早い段階で昇給、昇進させてあげて欲しいです。 アイ・シー・アイ• 新たな試練に挑戦 p247 1 アルミ業界の構造不況 p247 精錬設備の休廃止 p247 日本アルミニウム連盟の発足 p248 2 箔加工工場の関東進出 p248 伊勢崎佐波第一工業団地の工場用地取得 p248 群馬工場の竣工 p250 群馬工場の環境対策 p252 3 激動する海外市場 p253 輸出伸長策の強化 p253 中国向け輸出 p254 3. 東海東洋アルミ販売株式会社• ぜひご活用ください。 低層棟は1月、高層棟は2月に、経営再建のため神奈川商事(3月に東海アルミ工業に社名変更)に売却されている。

Next

東洋アルミニウム(株)『東洋アルミニウム株式会社五十年史』(1982.12)

同年4月に起工式を実施、約2年半の工期ののち1978年9月に竣工した。 はじめに p2 1 発見後200年足らずの新しい金属 p2 2 日本人とアルミニウムのふれあい p4 3 住友とアルミニウム事業の出会い p5 2. Alcan Alminium Limited-Head Office and Field Organization p313 4. 『東海アルミ箔100年史』p107-108• エッジ・インターナショナル• 日華事変へ突入 p46 1 試練への歩み p46 非常時下の代表取締役交替 p46 住友、株式会社に改組 p47 直接統制へ移行 p48 2 経済統制下のアルミ業界 p49 アルミニウム箔用原料配給懇話会の結成 p49 業種別組合の結成 p49 日本アルミニウム屑統制会社の設立 p50 帝国アルミニウム統制会社の設立 p50 3 経済統制下の当社 p50 板生産の活況 p50 箔工場第2次増設計画の中断 p51 タバコ包装用箔、蝋紙に代替 p53 5. (平成19年)• 『東海アルミ箔100年史』p62,66• ネットラーニングホールディングス• 大型景気に沸く30年代 p134 1 高度成長の胎動 p134 神武景気の到来 p134 耳なし板の開発 p137 驚異的な輸出の急伸 p138 好況下の原料払底 p139 社長制の復活と創立25周年 p139 2 アルペースト R 生産へ進出 p140 製品第二の柱 p140 アルペーストの製法と特性 p141 アルペースト工場の建設 p142 竜田工場の竣工 p143 アルペースト販売好スタート p144 3 なべ底不況へ転落 p145 板の低落と箔の伸長 p145 家庭用日用品の第1号商品発売 p146 第2次四段箔圧延機の増設 p147 4 大型景気の再来 p149 岩戸景気下の当社 p149 鋳造部門の近代化 p151 竜田工場の第1次増設 p152 第3次四段箔圧延機の増設 p152 2. 同年5月には日本軽金属が第三者割当増資、横浜銀行がにそれぞれ応じ、を解消した。 主な国内関係会社• (昭和22年)11月 戦災を受けた桜島工場の鋳造・板製造設備を八尾工場に移設し、桜島工場を閉鎖• 東海鉛管はにドイツのシュミット社より圧延機を購入し、日本初の機械圧延によるアルミ箔の製造に成功。 原田鋼業• 『会社四季報』は1936 昭和11 年6月の創刊以来、ずっと投資家の皆さまに育てていただいてきました。 それにより、このように油をスルッと弾くフィルムが完成したのです。 (平成5年)6月 アルミニウム及び合金微細粉末の生産技術の開発や製造・販売を行なうため、アルキャン-東洋ヨーロッパ社(現トーヤルヨーロッパ社)の当該設備を分離し、フランスにフジヤマ社を設立• 資本金は80億円。

Next

東洋アルミニウム 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

com) 参考文献 [ ]• 超大型景気下の一大飛躍 p180 1 経済大国へ躍進 p180 いざなぎ景気 p180 東京2部市場に株式上場 p181 順調に伸びる輸出 p182 2 新しい加工箔時代 p183 ガスマット R など家庭用日用品の新発売 p183 包装界の寵児となった加工箔 p185 広告宣伝活動 p186 東京サービスセンターの開設 p187 2. アルファミック株式会社 海外関係会社• アルミ箔・アルミペーストともにシェア世界トップクラスを誇っており、 欧・米・韓・中国に事業展開しています。 (平成8年)3月 フランスのフジヤマ社を清算• )は、傘下の製品メーカー。 これは、 「蓮(ハス)の葉」の原理を応用しているのです。 最新データ提供に加えて、文書検索や過去の四季報閲覧機能などがお使いいただけます。 製品 [ ] 菓子・乳製品・医薬品・タバコなどの包装用アルミ箔、、材料などを製造する。 再開発計画の名称について、社名の「トーカイ」と企業・商店・地域住民が一堂に会する中心地の「プラザ」をあわせ、「東神奈川トーカイプラザ」と命名した。 大谷清運• 『東海アルミ箔100年史』p57-60• 日本軽金属に全面的な支援を要請した。

Next

拠点一覧|会社概要|東洋アルミニウム株式会社

ビジネスコンサルタント•。 肇慶東洋鋁業有限公司• 仕組みとしては、表面に細かい凹凸にすることで、 水分を弾くようになっています。 2016年1月19日閲覧。 これにより、日本軽金属の持株比率は18. 後者の統合案は住友が高田の生産設備を買収し実現したが、古河の圧延機を合併会社へ持ち出すことは軍が難色を示し、東海・日本製箔・古河の統合は破談となった。 沿革 [ ] 旧東洋アルミニウム [ ]• (blue-style. 6 社風は非常にのんびりしています。 東洋アルミニウムが新開発したフィルムの原理は? 東洋アルミニウムでは、以前より水を弾くフィルムは現存していました。 1913年(大正2年)、東京高等工業学校(のちの)教授のの勧めにより、の内側に貼る薄い鉛板(茶鉛)と箔の製造を始める。

Next

東洋アルミニウム

企業環境の悪化 p216 1 国際通貨不安と石油危機 p216 ニクソン・ショック p216 日本列島改造ブーム p217 オイル・ショック p219 電子計算機の更新 p220 第8次四段箔圧延機の増設 p221 根本社長就任 p221 新府道の開通で八尾製造所敷地分断 p222 東京、大阪証券取引所第1部への指定替え p223 販売活動の充実強化 p224 2 企業の環境対策 p225 公害意識の高まりと当社の姿勢 p225 公害防止の組織と施策 p226 GMP対策の取り組み p227 八尾製造所の緑化策 p228 3 未曽有の経済不況 p230 総需要抑制策のあおり p230 東洋アルミ親楓会の結成 p231 40年代の新製品開発 p232 50年不況対策 p234 倍額増資 p236 企業環境激変下の業容 p236 21世紀への飛翔を期して p238 1. 巻頭口絵 巻頭 刊行に当たって 代表取締役社長 黒瀬保男 NP 目次 NP 凡例 NP 題字 取締役会長 根本義 NP 創業前史 p2 1. 10月 東海アルミ箔株式会社を子会社化• 同1999年に株式会社東洋アルミニウム販売が旧東洋アルミニウムから営業の一部を譲り受け、 社名を東洋アルミニウム株式会社と改称しています。 愛媛パッケージ• アルミニウム箔国産化への始動 p19 1 日加共同出資の起業交渉 p19 2 箔圧延工場新設用地の選定 p21 3 箔圧延工場の建設 p23 板・箔《アルミニウム》専業メーカーを目ざして p26 1. (昭和62年)12月 高純度窒化アルミニウム粉の生産開始• 2013年12月には、「会社四季報オンライン」を新装オープンしました。 藤本化学製品• 『東海アルミ箔100年史』p81• ( 事業再生支援政策 2005年3月25日)• これは事実上日本製箔を消滅させる内容であったため、同社は銅箔の納入先であったを通じてに訴えかけ、最終的にこの合併は行われなかった。 戦後の復興 p80 1 営業権の復帰 p80 会社再建計画の大綱 p80 再建計画の推進 p82 2 事業の再開 p83 建築資材不足の苦悩 p83 鋳造工場等の竣工 p84 原料払底への対応 p85 2. 12番出口は三井住友銀行船場支店横に出ます。 東海鉛管と、同業の、住友アルミニウム、日本製箔(現 )の4社はに「アルミニウム箔用原料配給懇話会」を結成し、民需用アルミ箔向けの原料の割り当てを当局に働きかけた。 『東海アルミ箔100年史』p54• (平成24年)10月 サン・アルミニウム工業株式会社を子会社化(現社名、東洋アルミ千葉株式会社) グループ企業 [ ] アルミニウム関連の子会社を多く擁する。 良くできる人は転職している方が多かった印象です。

Next

東洋アルミニウム 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

菊名工場隣接地には、東海金属全額出資で設立したトーカイ不動産により1972年より「トーカイ菊名」が開設されたが、ブームに乗れなかったこともありに撤退。 1972年8月に用地売買契約を締結し、1973年7月に蒲原工場が竣工した。 キューズ• 専売局がに発売開始したタバコ「暁」は、春より包装を錫箔からアルミ箔に変更。 本社所在地は大阪府大阪市。 部数が増加した背景には、誌面の改善効果もあります。 がはじまると、アルミ箔は不要不急品とみなされ、地金の配給停止の懸念が生じた。 レックス・インターナショナル• 開放経済体制へ転換 p161 1 景気激動下での試練 p161 自由化の促進 p161 製箔メーカー6社の競合 p162 移り変わる東南アジア市場 p164 初の労働争議発生 p165 2 技術革新への挑戦 p166 アルミ箔総合研究所の開設 p166 第5次四段箔圧延機の増設 p167 発展途上国への技術援助 p168 品質管理活動の展開 p169 電子計算機の導入による事務の合理化 p170 3 40年不況の旋風 p172 構造不況にあえぐ産業界 p172 過剰在庫の需給調整 p172 地金価格に反映する電力料金 p173 経営体制の刷新 p174 小山田社長急逝 p175 川島社長就任 p176 高度成長下の業容 p177 企業環境の激変に対処して p180 1. 『東海アルミ箔100年史』p102-103• サクラパックス• (平成21年)12月 中国湖南省のアルミパウダー製造・販売会社、湖南寧郷吉唯信金属粉体有限公司を子会社化• (昭和45年)1月 アルミ箔の製造販売を目的として、韓国に三亜アルミニウム株式会社を設立 (三真アルミニウム株式会社と合弁)• ピープルフォーカス・コンサルティング• エコツーラボ• 沿革 [ ] 後期、ととの競争に加え、同士も競争を繰り広げていた。

Next