logo

霧隠れ オロチ。 大蛇丸 (おろちまる)とは【ピクシブ百科事典】

【NARUO】死亡キャラを詳しくまとめてみた!|まんが人気考究

炎はチャクラで操られているため、避けるのは困難。 ロマサガ2失敗:まとめ ロマサガ2は、一般のRPGとは違い、敷居が高く、プレイヤーを選びます。 達がを連れて中から出てくると生徒会を使って包囲し電気ショックガンで脅し中で拾ったものをこちらによこすようにジンペイ達に指示したが、 UFOのような飛行物体の登場により、生徒会に校舎内に逃げるよう指示。 3本全てのレーザーが弱点ヒットすれば十分な威力は出せる。 劇中では内部に向けて火遁系の術と風遁系の術を使用して閉じ込めることで、内部の敵を焼き払う応用がされていた。 サスケとの戦闘シーンの中でもみられるように、イタチに屈服させられたことはプライドの高い彼にとって相当なトラウマになっている。

Next

新マップ「霧の霊峰 ヨミガタケ」

個人的には、 ちょっと危険な気もしますね。 土遁・泥地獄(どとん・どろじごく) 【空】敵の足元を泥に変えて体を包み込み、そのまま固めて動きを封じる。 性別は男だが、言葉で話す(怒ると若干荒らげた口調になる事がある)。 腕に水分を集めて、一時的に怪力を使用することができる。 もちろん、放置とは言っても肝心なポイントは見逃さず、ナルトが疲れて倒れた時は助け、頑張ったご褒美にはアイスをごちそうしてやる。

Next

大蛇丸の術や強さまとめ!性別や声優は誰?最後はいいやつでナルトと和解?

。 小説版オリジナルの術。 術者だけでなく、術者に触れている者の思念を伝達することも可能だが、伝達対象の数が膨大だったり伝達時間が長い場合は術者の身体に負担がかかる。 チャクラのコントロールは極めればそれ自体が絶大な威力を誇る武器ともなり、サクラやなどは医療忍術に使う微細なコントロール能力を攻撃にも応用し、拳や踵にチャクラを一極集中させることにより、地面や大岩を割るほどの怪力を得意とする。 このチャクラ紙をナルトが使った際は紙が二つに切れ、カカシが使って見せた際は紙にシワが入っている。

Next

忍びの里キリガクレ

後者は敵の足元を蟻地獄に変えて、そのまま沈ませる。 で登場し、自身のをしてに変え、を補充した。 うちはイタチ なんか急にねイタチの気持ちを考えてたら涙出てきたの 大好きな弟に恨まれることを承知で木ノ葉のためにうちはのみんなを殺し自分の好きな人も両親も殺した そして最後は大好きな弟に憎まれ殺される イタチが幼くして優秀だったためにこんなことをしなくてはならなかったなんて可愛そうだよ — 橘 さき 🐬 makkachinsaki サスケの兄であり 8歳の時に写輪眼を開眼、13歳の時にはすでに暗部の部隊長を務めます。 変わり身の術(かわりみのじゅつ)(補助、忍者学校) 【はたけカカシ、春野サクラなど】攻撃を受けた瞬間、素早く己の身を符を貼り付けた別の物体(たいていは木片 )と入れ替え、あたかもその攻撃が成功したかのように敵を錯覚させる。 火遁・素焼きの術(かとん・すやきのじゅつ) 【木ノ葉隠れの暗部】雷遁・十六柱しばりの囲いを窯に見立てて、土遁・粘土落としで固まった相手を焼き上げる。 防具においても、中盤辺りから、中途半端な装備だと、即死はごく日常です。

Next

おすすめナルトSSまとめてみた「厳選8選」│ネットで暇つぶし

カカシとの戦いで両腕も不具となっていたため、受け取ったクナイを口にくわえてガトーの大軍に突っ込んだ。 。 40、シラヌイと戦闘になる。 アニメ版オリジナルの術。 アニメ版オリジナルの術。 雷遁・避雷針(らいとん・ひらいしん) 【フウカ】右腕を上げて足元へ電撃を流す。 アニメ版オリジナルの術。

Next

斬隠オロチ

持ちのでは3枚目のとなる。 「断刀・首切り包丁」を扱う霧の忍刀七人 衆の一人だったが、水影暗殺を目論み抜け忍となります。 クナイや断刀・首切り包丁などの忍具に電撃を流し、切れ味や殺傷能力を上げる(サスケの千鳥刀と同じ)。 劇場版オリジナルの術。 戦いは長引き、途中マダラの花樹界降臨と火遁・豪火滅失によって五影が力尽きかけるが、戦意を取り戻したオオノキの限界剥離の術で樹木を消し飛ばして助けられる一面もあった [12] NARUTO 60巻 575話。

Next

【NARUO】死亡キャラを詳しくまとめてみた!|まんが人気考究

螺旋丸の周りを手裏剣状の風のチャクラが覆っている。 マダラの火遁をも防ぐほどの威力を持つ。 第二部 第二部では天地橋に登場。 ただし、蟲であるため食虫植物やアリクイに接触すると食われてしまう。 禁止直前ででされたのは皮肉である。 水牢鮫踊りの術(すいろうさめおどりのじゅつ) 【干柿鬼鮫】水遁・大爆水衝波の併用で巨大な水牢を形成させ、対象を閉じ込める。

Next