logo

アンゾフ の 成長 ベクトル。 今さら聞けない!?アンゾフの成長マトリクス【初学者向け】

アンゾフの成長マトリックスとは何か? 「経営戦略の父」が考案した成長戦略の基本 事例や図解でフレームワーク解説|ビジネス+IT

今後、企業Aの成長戦略をアンゾフの成長ベクトルに当てはめて、「市場浸透」、「新製品開発」、「新市場開拓」、「多角化」それぞれの戦略を考えてみてください。 水平型多角化(関連製品ライン多角化) 水平型多角化とは既存の分野と近い業種・業態への事業展開を指します。 また、書籍を電子版で読むこともオススメします。 多角化戦略の4つの分類 それぞれの特徴とは? 以上で見た通り多角化戦略は、企業の成長戦略を考えるうえでの柱の一つだ。 シナジー効果についてアンゾフは以下の4種類をあげている。 また、BCGによれば、経験効果でコストが低下していくのは生産以外にも、販売、マーケティングなど、企業の様々な付加価値活動に及ぶと主張している。 富士フィルムの祖業は写真フィルムですが、携帯電話やデジタルカメラの普及で市場が縮小してきたところで、ほとんど未知の領域である医療や化粧品事業に参入し収益源の多様化を行なってきました。

Next

アンゾフの成長ベクトルとは?(市場と製品で進む方向を決める)

範囲の経済(Economy of Scope)とは、複数の事業活動をそれぞれ別の企業が行うよりも、1つの企業で行った方が、個別企業で発生する費用の合計よりも少なく済む経済的効果である。 原題 "Implanting Strategic Management , Prentice Hall International"• たとえば、Apple ComputerがiPodを開発、音楽配信に乗り出したケースなどがあげられます。 垂直型多角化戦略• 国内の小売市場では新規出店や同業他社への買収攻勢によりマーケットシェアを高める市場浸透戦略を、そして海外市場ではイオンモールなど国内の既存ビジネスをベトナムなど東南アジアに展開する新市場開拓戦略を行なっています。 当然、もっともリスキーな成長戦略となります。 新製品開発戦略 現在参入している市場において、 既存市場は成長期にあるが、 既存製品の拡販は難しい場合、 既存製品に代わる 新製品を開発し、 既存市場で投入する「新製品開発戦略」 を選択することになります。 たとえば、部品メーカーが製品まで手がけ、販売するケースなどがあげられます。 新モデル発売など、今までとは異なる品質の製品を創造することなどに見られる。

Next

アンゾフの成長マトリクス4つの視点を有効活用する事例

例えば、Amazonは書籍で事業をスタートして、今では家電や音楽などにも製品ラインナップを展開し、Amazonに行けば全てものが手に入るという状態を作り上げています。 2つ目のメリットは、を効率的に活用しながら現実的な事業運営ができるということです。 売上の向上や、新規顧客の開拓が目的になります。 企業の事業規模や領域の拡大は、多様な収益源を確保することで事業リスクを低減したりシナジー効果で規模の経済性を追求できる利点がありますが、経営管理の複雑化という負の側面も存在します。 その代表例が2014年の米蒸留酒大手ビームの買収と、その後の世界展開です。

Next

市場浸透戦略とは?マクドナルドの成功事例も解説│BizLabo

新規市場・新規顧客の開拓 一方、既存の製品やサービスをベースに、新しい市場や顧客を開拓するのが「新規市場・新規顧客の開拓」です。 アンゾフの言葉「戦略は組織に従う」 「戦略は組織に従う」は、「戦略は組織に左右される」とも読みかえることができます。 市場浸透・・・現在の製品と現在のニーズとの組み合わせであり、典型的には市場シェア拡大の方向での成長• アンゾフって誰なのさ? イゴール・アンゾフ 1918-2002 Wikipedia:より 「真の経営戦略の父」 と呼ばれるほどの経営学者。 <図 アンゾフの成長マトリックス> 3. 多角化戦略 既存の市場や既存の製品とは別に、新たな市場をターゲットに新製品や新サービスを投入する戦略となります。 また企業環境の変化により縮小や撤退を余儀なくされた場合でも企業を多角化していれば縮小・撤退した事業の経営資源をほかの事業に振り分けることが可能となる。 製品やサービスは既存のままとなるが、新たな市場を開拓することで成長を見込む戦略となります。 そのために「経営悪化による人員整理」などの企業イメージに悪影響を与える事態を避けることもできやすい。

Next

今さら聞けない!?アンゾフの成長マトリクス【初学者向け】

(1965),Corporate Strategy : An Analytic Approach to Business Policy for Growth andExpansion, New York, NY : McGraw Hill, Inc. 多角化経営の事例 をそれぞれ解説します。 市場浸透戦略 市場浸透戦略は、これまで対象としてきた既存市場に対し既存の製品をさらに売り込むことにより購入量と購入頻度を増大し売上高および市場シェアの拡大を狙う戦略だ。 チャンドラーの「組織は戦略に従う」と対比されることが多いので、それぞれについて見解を述べたいと思います。 したがって戦略の綿密な検討、および技術開発力や営業力、資金力などを含む総合力が決め手となってくる。 生産シナジーとは、原材料の一括購入、生産技術の転用などから生じる相乗効果のことである。

Next

説明できますか?? ~アンゾフの成長ベクトル~

「新規の製品」とは、 これから販売していくモノ 製品 です。 製品に関連するアクセサリー製品を導入したり、機能を加えたり、まったく新しい製品を開発したりしますが、あくまで既存顧客への販売を目指すものです。 企業の多角化は成長戦略の大きな柱 アンゾフの成長マトリックスは、企業の成長戦略や多角化戦略を検討するにあたり理論的な支柱となってきたフレームワークである。 既存の参入業者が多様な製品を提供している中で、どのように製品の認知度や購買意欲を高めるかが課題で、具体的な争点としては、市場シェア・購入頻度・購入量が挙げられます。 そのため、このマトリクス自体を「成長ベクトル」と呼ぶことがある。 日本の企業でも多角化にチャレンジして、失敗した企業は多いですよね。 ここでは、? アンゾフの父親は大使館で再び事務職を得ることができ、またの回復を申請した。

Next

アンゾフの成長マトリクスとは?自社事業の成長戦略を考えるフレームワークをやさしく解説!

例えば、今以上に人件費の安い国(新興国など)で、ノンシリコンシャンプーの生産を行うことで製品を低価格にすることを実現し、低価格品として既存市場に投入する戦略を立てることができます。 新しい会社で新しい仕事を見つけるのか、今の会社でスキルを広げて希望の仕事にアサインされるか、はたまた困難な資格を取得して違う会社で活躍するとか、選択肢は様々です。 <図 キャリア形成マトリックス> 是非、活用してください。 具体的には、• 1-3-3: 企業としてのアイデンティティの低下 また、多角化経営が軌道に乗ったとしてもそこで終わりでありません。 また、プライベートブランドの製造や、決済サービス「WAON」を持つ金融業など、消費生活を起点に垂直型、集中型の多角化も行なっています。 富士フィルムの多角化戦略は、拡大戦略というよりもフィルム市場縮小という外部環境に押された生き残りの意味合いが強い方策でしたが、研究開発力や光学・素材というコア技術があったことにより、多角化でも成果をあげたケースと言えます。

Next