logo

イープラス。 チケット委託販売サービス|イープラスでチケットを売る・告知・集客

会社概要|株式会社イープラス

2020年• 【歌舞伎】 松本幸四郎・尾上松也(第一回)、尾上松也・中村七之助・小栗旬(第二回)、松本幸四郎・市川猿之助(第三回)が出演の、人気トークイベント歌舞伎夜話の特別編「歌舞伎家話(かぶきやわ)」。 会員数200万人突破。 その後の 2 カ月でテストと調整作業を実施し、チケット予約販売が始まる 2018 年 2 月に本稼働を開始しました。 eplus LIVING ROOM CAFE(ライブ配信イメージ) eplus LIVING ROOM CAFEでは既に、ピアニストのかてぃん氏が、既にスーパーチャットを使ったライブ配信を実施。 その他、「リアル脱出ゲームZEPPツアー」、ミュージカル「黒執事」など、昨今話題のイベントにも積極的に取組んでいたり、パートナーとして、日本を代表する大型フェスティバルにも参加しています。 2014年• 日本最大級の本格的エンタメメディアへ。

Next

採用情報|株式会社イープラス

通信環境について 動画視聴には高速で安定したインターネット回線が必要です。 )は、通信販売特化型の「 イープラス」の運営会社である。 この経験とノウハウを次回以降の開発案件に活かしていきます。 他に検討した IVR システムの場合、開発や改修の一部をベンダーに依頼しなければならず、相手側の開発や調整期間に左右されるリスクがありました。 「今回のプロジェクトは、当社のシステム部門にとって超短期導入のモデルケースとなりました。

Next

イープラス「チケット購入アクセスの9割がbotだった」――アカマイの検知システムで判明

2019年• まだ、発展途上ですが、月間約300万人の利用者数まで成長しています。 これで先行発売情報を見逃すことはありません。 2015年1月に株式会社エンタテイメントプラスから株式会社イープラスに社名変更。 メンバーと協力して『チーム』で成果を上げる• 「イープラス」のサービス開始20周年を迎える矢先に、前述の通り相次ぐ中止や延期によるチケット払戻し対応に追われ、暗雲低迷していました。 1つ目は、アーティストやパフォーマーに、CDに替わる「ライブを主軸とした新たなビジネス基盤の提供」ができていないこと。

Next

採用情報|株式会社イープラス

2013年8月より、に代わり、のプレイガイドサービス「チケットJCB」の運営を受託する。 なお、現時点での中止状況や該当のイベント件数について、政府・関係機関の発表状況や振替開催日の調整により刻一刻と変化しているため、公表を控えさせていただきます。 情熱をもってライブ・エンタテインメント市場の変革に『挑戦』する• 私たちは「プレイガイド事業」「イベント事業」「メディア展開」を軸に、従来のプレイガイドにとどまらず、ライブ・エンタテインメント市場の変革・発展を目指します。 プレオーダーに当選した場合は購入となり、代金・発券手数料とは別にプレオーダー手数料がチケット1枚毎に250~500円(税込み)程度発生する。 動画ストリーミング・サービスは、ライブ・エンタテインメントを新たに楽しむ方法として、現在大きな注目を集めています。 1.多彩なジャンルのライブ配信 [音楽] ACIDMAN 、[Alexandros]、スキマスイッチ、SCANDAL、FLOWER FLOWER、Little Glee Monsterなど、日本の音楽シーンを代表するアーティストから泉谷しげる、根本要、杉山清貴、KAN、馬場俊英と音楽を知り尽くしたレジェンド達など、さらに演歌界からは演歌界の貴公子こと山内惠介。

Next

沿革|株式会社イープラス

2つ目は、インターネットやスマートフォンの普及に伴い、各種メディアが大きく変化しているなかで、「IT時代における新たなプロモーションのあり方」が確立されていないこと。 チケット不正購入・高額転売の根絶に向けて会員サービスをリニューアル。 取締役 大谷 英彦• 元々セゾングループはグループの出版業、SSコミュニケーションズが「チケットセゾン」として、、、、などの西武・セゾン関連の店舗を中心に事業を展開した。 2008年• 代表取締役 妹尾 智• これらを為し得たのはすべて、同社が 販売企業、ラ イブ・エンタテインメント事業企業として約20年間に渡り実績やノウハウを培ってきたことによる。 皆さま方にはご協力をいただきまして、誠に有難うございました。

Next

チケット委託販売サービス|イープラスでチケットを売る・告知・集客

その経費を小さな公演の主催者が負担すると、公演の採算が厳しくなります。 業界初となる「プレオーダーシステム」を導入。 オリコン. 皆さま方にはご協力をいただきまして、誠に有難うございました。 の2016年3月11日時点におけるアーカイブ。 <対応内容> 上記対象イベントで、当社が払戻対応を行った場合でも、興行主催者様に中止払戻手数料をご請求いたしません。 これまでと同じように興行が正常化した際には、チケット+グッズ収入に加えて、ストリーミング、オンラインコマース(グッズ、ティッピング等)など売上源の多元化を行い、興行の収益率を高めることができます。

Next