logo

潜入 者 映画。 “麻薬戦争”史上最も大胆…『潜入者』予告、解禁!

映画『潜入者』ネタバレ感想 実話を基にした潜入捜査もの

やはり実話というのは面白さを増長させる大きな要素なんですよね。 前から見たとして一番後ろに小さめに写っています。 「すごくリアルなものを作り、それを3割増しにすることを目指した」と語っている。 原作を書いているロバート・メイザーの回顧録を映画化したもの。 実録モノながら最後に出てくる実在の人物とキャラが軒並み似ていないのは似せるとやばいからなのか? 脇役のジョン・レグイザモと ベンジャミン・ブラットがいい。

Next

実際の麻薬潜入捜査を描いた映画「潜入者」のあらすじ&感想 (ネタバレなし)

現金のバッグが軽いことに気づきながらモーラJr. メイザー演じるボブ・ムセラや国際商業信用銀行BCCIがどのように資金洗浄を行っているのか、という詳しい説明が無いのでモヤモヤ。 相変わらずいい感じの演技を見せてくれていました。 ただ、潜入先に素性がバレたら命を落とす可能性があるわけだから、その危険さは役者の仕事とは比較にならない。 もし仮にスマホゲームのキャラ強化と同時進行で見ようものなら、どちらも時間の無駄になってしまうことは確実です。 バリーシール役がマイケルパレとはわからなかった。

Next

映画『潜入者』ネタバレ感想 実話を基にした潜入捜査もの

現在も麻薬の密輸事件を担当していました。 まあこれはしょうがないか。 メイザーを逮捕するように見せかけた同僚のスティーヴ・クック()は、苦しむ彼のマイクを外し、胸の火傷を見て驚く。 組織のボスであるボブが撃たれてしまう。 。 そこにモーラSr. しかしカルテルの幹部を一網打尽にした瞬間も、心からの充実感はありませんでした。 余韻を残すような終わり方も秀逸でしたし、「家族や友人のいない世界に生きていても仕方がない。

Next

実際の麻薬潜入捜査を描いた映画「潜入者」のあらすじ&感想 (ネタバレなし)

前半は単調でちょっと眠くなってしまったが、終盤にかけて目が離せない展開になり面白かった! 派手さはなく、脚色が加わっている為か、うまくいきすぎな要所も感じたけど、終盤にかけてとても見応えある作品でした。 1980 年代、史上最大規模とも言われる犯罪帝国を築いたコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル。 2016年に『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』ではアカデミー主演男優賞にノミネートされるなど、遅咲きの大ブレイクを果たした名優です。 アメリカ政府は、内側から組織を崩壊させるべく衝撃の潜入捜査作戦を実行した。 主演のは、家族も守らねばならない辛い立場でありながら、犯罪組織壊滅のために命懸けの捜査を続ける捜査官を好演している。 レーガン大統領の時代のお話。 自社の金融システムについて語るメイザーは、資金洗浄の仕組みを説明する。

Next

映画『潜入者』コロンビアの麻薬王 vs 伝説の麻薬捜査官、衝撃の実話に基づくサスペンス

コロンビア出身なんで麻薬戦争系の映画、御用達俳優。 つまり、グレーゾーン的な思考にとらわれることなく、目的を成し遂げるために何が正しくて何が間違っているのかを明確かつ瞬時に判断できる「割り切り力」が必要とされるわけだ。 また麻薬カルテルだけでなく、彼らのために不正に資金を動かしている銀行もターゲットに してBCCIにも捜査の手を伸ばすのでした。 ストーリー自体は複雑じゃないのに混乱します。 敵対組織から狙われたり、警察に捕まったりすれば、それは即終わりを意味しますが、 それでもいつも下品な笑いを絶やすこと無く、その場その場での楽しみを常に追求しています。 キャシーが初めての潜入捜査だと知ったメイザーは驚くが、ティシュラーの指示に従うしかなかった。 メイザーは婚約中の設定のキャシーとの結婚式を捜査のタイムリミットとし、そこに捜査対象者を招待し一斉に逮捕する計画を立てるのですが、アルカイノによる大きな取引の現場を押さえる方に上司が舵を切ってしまいます。

Next

“麻薬戦争”史上最も大胆…『潜入者』予告、解禁!

巧妙な頭脳戦や心理戦などを期待してたら裏切られます。 恐らくそれは役者の仕事に近いのかと。 潜入者は登場人物が多い。 また、冒頭で潜入捜査中のメイザーの胸に仕掛けられた盗聴器が焼けてしまうシーンも、原作本では言及されていない。 ロバート・メイザーが評価した ブライアン・クランストン C 2016 Infiltrator Films Limited 主人公ロバート・メイザー本人を演じたのは、大人気テレビドラマ『ブレイキング・バッド』にて、4度のエミー賞に輝いた実力派のブライアン・クランストン。 なぜなら、組織が麻薬取引で得た違法な現金は、必ずどこかで洗浄するはずだからである。

Next